オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市にて軒樋の取付けを行いました


工事のきっかけ

「軒樋が古くなり、水が垂れてくるようになってしまったので軒樋の交換を依頼したい」とのご依頼でした。

渋川市 雨樋交換

ビフォーアフター

before
年数が経過した雨樋
horizontal
after
角型の雨樋(ブラック)

工事基本情報

施工内容
雨樋交換
施工期間
1日
使用材料
軒樋(茶)
施工内容その他
築年数
20年
保証年数
2年
工事費用
15万円 (足場別途)
建坪
21坪
ハウスメーカー
まずは取り付ける軒樋(のきどい)の長さを測ります。

搬入された軒樋(のきどい)は加工前の状態なので、スケール(長さを測る道具)を取り付ける場所の端から端まで当てて軒樋の長さを決めます。
この時に長さを間違ってしまうと材料が足らなくなってしまいます
軒樋の長さを切っている職人
測り終えたら加工前の軒樋を足場の上に上げて切っていきます
電動の「サンダー」と呼ばれる片手で持てる丸ノコで長さを切っていきます

切るときに勢いよくやってしまうと切り口がギザギザになってしまったり、軒樋が割れてしまうので注意が必要です

ここは職人さんの腕が試されますね・・。
次は新しい軒樋を付ける位置を出していきます。

差し金(さしがね)と呼ばれるL型の測り道具で大まかな位置を出した後、墨ツボ(墨を染み込ませた糸で印を出す道具)を使い取り付ける位置を出します。
受け金具を付けている職人さん
軒樋を取り付ける位置を出したら次は軒樋を付ける際に欠かせないパーツである受け金具を付けていきます。
受け金具は鉄製で厚みのある曲がりにくい物を使っています

金具を付ける位置が均等になるようにしながら付けていきます。

金具が付け終わったらいよいよ軒樋の取付けに移ります。
受け金具がU字の形になっているのでそこに軒樋本体をはめ込んでいく形になります。

所々に爪の様に軒樋を引っ掛けて固定するパーツが付いていますのでそこに「カチッ」と音が鳴るまで入れます

軒樋にキズを付けない様に慎重に取り付けていきます。
水を一時的に溜める役割を持つ箱樋
集水器「呼び方は「しゅうすいき」と呼ばれ、屋根の上に溜まった雨水を一時的に溜め、地面へと続く竪樋(たてどい)に雨水を送る部分」の周辺の作業に移ります

軒樋を先に取り付けた軒樋の切り口から集水器までの長さにカットし、規定の長さに切った軒樋に取り付けます。
この時に軒樋の切り口と箱樋の接合部分両方に接着剤を付けて連結する為、雨水の漏れや風による落下もありません
部材同士を繋ぐ連結パーツ
もちろん途中で切断した切り口と集水器を連結した軒樋の口との間にも連結パーツ・接着剤を使用し、しっかりと漏れ防止の措置を施します。
新しく軒樋を付けても漏れてたら嫌ですもんね


筒状の雨樋のパーツを付けている職人
新しく付けた軒樋(のきどい)と元々付いていた竪樋(たてどい)を繋ぎます。
集水器の下に連結する際に必要となるジョイントが付いているのでその部分と古い軒樋を撤去する際に切断した竪樋の切り口を筒状の雨樋のパーツを使って繋ぎます。

筒状なのでのりを付けたハケを使って内側に付けた上で集水器と竪樋を繋ぎます。

角型の雨樋(ブラック)
新しい軒樋の取付けが完了しました
古く劣化してしまった軒樋から新しい軒樋に変わり、見栄えもさることながら排水機能も良くなりました。

【工事完了後】

雨樋を支える樋受け金具
水を一時的に溜める役割を持つ箱樋

同じ工事を行った施工事例

施工事例

劣化してしまった桟葺きの金属屋根の葺き替え工事を行いました|渋川市伊香保町

IMG_6500
屋根葺替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平葺き(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
10坪
保証
3年
工事費用
100万円

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

工事前のお客様のご自宅の屋根

屋根塗装の施工前の状況です。築年数は20年。屋根材はコロニアル屋根です。南面はコケはそんなに多くありませんが、北面などの日陰になりやすい部分はコケが多く生えています。また棟部分の板金の剥がれや釘の抜け落ち、コーキングの割れ、破風板木部の傷み...........

現場調査を行った北橘町のお客様邸

今回は勢多郡北橘町にてお客様のご自宅を訪問させて頂き、現場調査を行ってきました。主に屋根関係の部分が傷んでいるとのご指摘を頂き、まずは家の周わりを歩き、問題のある箇所の確認を行いました。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505