オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市にて屋根周りの破風板板金巻きを行いました


工事のきっかけ

年数が経ち、屋根周りの塗装が剥げ、見栄えも悪くなってきてしまったので工事を依頼したいとのご相談を受けました。

渋川市 破風板板金巻き工事,破風板・軒天部分補修

ビフォーアフター

before
板金を巻く前の破風板の下地
horizontal
after
板金巻きが終わった後の風景

工事基本情報

施工内容
破風板板金巻き工事,破風板・軒天部分補修
施工期間
一週間
使用材料
板金(黒)
施工内容その他
築年数
20年
保証年数
2年
工事費用
28万円 (足場別途)
建坪
21坪
ハウスメーカー
板金を巻く前の破風板の下地
今回は渋川市のお客様邸にて「破風板板金巻き」を行いました。
破風板とは簡単に言えば屋根の端の部分の側面になります。
まだ板金を取り付けていない為、木面が見えています
今回の作業は金属の板金を破風板の部分に被せる形で取り付ける「カバー工法」という施工方法で作業をさせて頂きます。

また、「破風板部分の板金巻き」の作業の後に新しい雨樋の取付け作業が控えているのですが、この状態で取り付けてしまうと表面が凸凹しているので取り付けた際にグラグラになってしまうので、板金をこの後しっかりと破風板の部分に取り付けていきます

板金を専用のハサミで切っている職人さん
まずは取付け場所の長さを測り、取り付ける板金を丁度よい長さに切っていきます。
足場の上で切るので曲がらない様に慎重に切っていきます。

板金を切る際には鉄を切りますので専用のハサミを使って切っていきます

ちなみに普通のハサミでは切りづらく、下手をすればハサミの刃がボロボロになってしまいますので注意です
次は長さを切った板金を一度取り付ける場所に当て、長さが合っているかどうかを確認します。

長さが確認出来たら板金を破風板の部分に被せる為に板金の端の部分を専用の道具を使って「英文字(L)」の様に曲げていきます。


板金が被せられた面と被せられていない面
加工が終わったら次は板金を被せていきます。
この時、板金を被せた後に釘を打ちます。

こうする事で板金が破風板にしっかりと固定され、ズレなどによる落下の危険も無くなります



板金巻きが終わった住居
板金巻きが終了しました。
天気にも恵まれ、作業もスムーズに行うことが出来ました。
取り付けた部分を遠くから見ても全体的にシックな感じにまとまり、取付け前の下地の木が見えていた頃とは違い、見栄えも新しくなりました


【工事完了後】

029-1-simple
027-6-simple
近くから見た破風板の角になる部分です。
板金で包むように取り付けている為、雨などの降水時に受ける被害を軽くする事が出来ます。
板金巻きが終わった住居
お客様のご自宅の裏からの風景になります。
家の周りから見ても新築の屋根の様な印象が受けられます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

太田市にて折半屋根を使用し車庫の屋根葺き工事をしました

折半屋根の屋根葺き工事前の骨組みの写真
上から見た折半屋根の全景写真
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根塗装
その他の工事
使用素材
金属製折半屋根
築年数
新築
建坪
12.5
保証
2年
工事費用
56万円

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_6378-1-e1510963936992

渋川市で雨漏り修理の現場調査に行ってきました。屋根には枯れ葉がたくさん乗っている状態でした。この状態を放置すると湿った落ち葉が屋根を腐らせてしまうことになります。勾配の急な屋根で、お客様ご自身で落ち葉を落とすのは毎年大変なんです、と仰ってお...........

板金を巻く前の破風板の下地

今回の作業は破風板(屋根の端の下部分)の板金巻き作業を行わせて頂きました。破風板の塗装剥げや雨水による木の痛みが進行していたので板金を巻き、雨による被害を抑える必要があります。

工事前のお客様のご自宅の屋根

屋根塗装の施工前の状況です。築年数は20年。屋根材はコロニアル屋根です。南面はコケはそんなに多くありませんが、北面などの日陰になりやすい部分はコケが多く生えています。また棟部分の板金の剥がれや釘の抜け落ち、コーキングの割れ、破風板木部の傷み...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505