オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川屋根やさんより、雨や湿気などの水分が住居に与える影響とは


一般的な住居
雨や湿気などの水分を含むものは住居に様々な問題を起こします。
住居に使われている木材を腐らせてしまったり、金属部分の錆びや外壁の汚れ・コーキング剤(固まるとゴムの様な状態に変わり、雨水が外壁の中に侵入するのを防ぐもの)の劣化など他にも様々な問題を引き起こす水は住居の劣化を早めてしまう為きちんとした防水対策が必要になってきます。
半円型の雨樋
雨が降った際、屋根の上に溜まった雨水は雨樋を伝い地上へと流されます

これをすることにより屋根の上に水が溜まりすぎずに済む為、屋根の下地を腐らせない事が出来たりそれによる天井裏に雨水が侵入して天井の下地に使われている木材が腐食してしまうのを防ぐ事が出来ます
水分や風などで劣化した屋根近辺の木材
しかし、排水する上で欠かせない雨樋に詰まりや割れなどの異常が起きてしまいますと排水が上手くできずに屋根の下地の劣化・天井下地の劣化・金属部分の錆び・外壁塗装の劣化など他にも多くの被害を受けてしまいます。


ひび割れなどを起こした外壁
排水できなかった雨水は壁を伝い、色褪せ・コーキング剤(固まるとゴムの様な状態に変わり、雨水が外壁の中に侵入するのを防ぐもの)の劣化・ひび割れ・苔や藻の増殖などの様々な症状を引き起こし、景観の悪化・耐久面の低下などこれからも過ごしていく住居に多大な被害を起こすのです
雨漏りによる腐食した屋根下地
被害は外だけではなく、中にも影響を及ぼしてしまいます。
こちらは天井裏にて使用されている天井下地の木材ですが、雨水や湿気などが侵入した事により、黒く変色したり目立つシミの発生を起こし、脆くなった木材にはシロアリなどの害虫を呼び寄せてしまい、木材そのものを食べられてしまいます

耐久面も危険になってきます
雨そのものだけが住居に被害を及ぼす訳ではなく、雨が降ったことにより発生した霧などの水蒸気による二次被害も原因の1つです。
液体である雨水では影響が出なかった部分も雨水が水蒸気になることで気体となり、被害箇所の増大に繋がります。

このことからも、外壁に使われているコーキング剤(固まるとゴムの様な状態に変わり、雨水が外壁の中に侵入するのを防ぐもの)の交換・屋根塗装・外壁塗装などの塗替えなどによる防水対策にも気をかける事が重要になってくるのです。

お困りの事がありましたらどんなに些細な事でも構いません。是非街の屋根やさん渋川店にご相談ください。

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505