オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

室内が熱気に包まれる前の屋根裏の空気循環の為の棟換気孔の清掃


棟換気口(リッチベンツ)
室内が熱気に包まれる前の屋根裏の空気循環の為の棟換気孔の清掃について今回はお伝えしていければなと思います。夏場には外や中どちらでも暑さに悩まされる事があると思います。特に室内では外出先から帰ってきた際にまるで暖房器具を付けたような熱気がドアを開けた瞬間に襲ってくるのを経験した方がいらっしゃるのではないでしょうか?

夏の外は暑いのは当たり前と言われていますが、中でも当たり前なのはおかしいですよね・・
屋根裏の換気方法には様々なものがありますが、本来ならばどれも軒天部分の換気孔から入った空気を排出口から適度に出して熱気が籠らない様になっているものなんです。
IMG_7016-simple
棟換気孔(むねかんきこう)とは、屋根の棟(分かりやすく言うと屋根の頂上の事)に付けられている長い部材の事です。

この部材を取り付ける時には屋根の棟部分に大工さんがあらかじめ穴をあけておき、そこへ取り付けます。
部材の両側の同じ場所に換気孔が付けられており、軒天部分から入った中の空気をそこから排出する物なのです。


取付け終わった棟換気口(むねかんきこう)
とは言ったものの、この換気孔から空気を抜くことが出来なくなることもあります。

理由の1つ目は棟換気孔の排出部分に落ち葉や砂が溜まり出した場合。
屋根は風や雨を直接受ける部分でもありますので、風によって運ばれてきた落ち葉や砂などがここへ蓄積し、詰まってしまう事により換気が出来なくなるという事。

棟換気孔は屋根裏の温度を一定に保つ上で必要なものとなりますので屋根やさんに点検を依頼して小まめに状態の確認と清掃を行う様にしましょう。
棟換気口(むねかんきこう)を取り付ける為にあらかじめ開けられた取付け前の穴
もう一つは取り付け時の施工不良です。
通常ならば新築時などに棟換気を付ける際、屋根の棟部分に開口を設けるのですが、穴が既定の物より小さかったり、悪い場合ですと穴が空いておらず部材だけ付いている事もあるんです

棟換気が付けられているはずなのに二階が暑い・・、湿気が籠ってしまう等の異常を感じましたら一度点検を行った方がいいでしょう
棟換気孔の状態を確認しておきたい、清掃や補修も必要であれば行いたいとお考えの方がいらっしゃいましたら私供「街の屋根やさん渋川店」へお気軽にご相談下さい

お見積もりは無料でさせて頂いており当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂きます

渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505