オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市|漆喰やコーキング材の劣化は建物内部の劣化にも繋がります


劣化し、ボロボロ崩れている漆喰
漆喰の劣化は瓦のズレや落下、漆喰などに入るヒビの事をいいます。
コーキング材の場合、隙間が空いたり、ヒビが入ったりするなどの症状が起こり、雨漏り雨水が侵入した事で柱や土台の劣化に繋がります。

接着している材料の力が弱まれば当然部材を固定している力も弱くなり、強風や強い雨により落下の危険性飛散の危険性も出てきます。
強風が吹く渋川市や他の該当地域では特に注意が必要になります。

外を歩いていて瓦や屋根材が飛んでくるのは怖いですよね・・。
だからこそメンテナンスが必要になってくるのです。


漆喰とは合成樹脂などを使用し作られた物や化学繊維を使用し作られた物の事を言います。
昔は海藻を焼いて作った海苔や麻すさ(麻の繊維)、藁や消石灰を混ぜて作られていました(地方によって異なる材料を使用して作られた物も有)。
主成分は「貝殻や骨」などでも作られる事もある石灰です。
使用用途は主に瓦に使われたり、古民家でよく見られる土壁(赤土や粘着性の土を使用した壁)にも使用されています。

一見あまり聞いたことの無いように思われる「漆喰」ですが、意外と私たちの身近にある物なのです。

青テープをしはみ出さない様にコーキング施工中
コーキング材とは建物の継ぎ目や隙間に抽入して室内や下地への水漏れや空気漏れを防止する粘着性のある物の事を言います。
使われている材料は合成樹脂や合成ゴム製のペースト状(のり状)の材料の事を言います。

家を守る為にも必要なものですし、家の中で生活している人が快適に暮す為にもなくてはならない存在です。
放置をし、劣化が進んでしまいますと材料の粘着性も落ち、材料自体が小さくなってしまい、ヒビ割れや建物内部への隙間風や雨漏りの原因にもなってしまいます。
どちらも私達が日々生活する中で欠かせない重要なバディとも言える存在です。
群馬県渋川市でも漆喰やコーキング材の劣化により不便な思いをしてらっしゃるお客様がたくさんいらっしゃいます。
私共のいる渋川市だけでなく、山に隣接する地域の人達やその人達が住む住宅はその地域特有の強風や積雪、激しい雨と日々戦っているのです。
強風や激しい雨により劣化を進ませてしまう前に早めの対策が必要になってくるのです。

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505