オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川屋根やさんから、日本の瓦とは違う「スペイン瓦」について


近くで見た黒色の瓦
風情あふれる日本の瓦

瓦は日本だけの物と思いがちですが、外国にも瓦は存在します。
材質・色合い・性能も日本の瓦とは異なり、日本の瓦とはまた違った表情を出すことも出来ます。

太陽が照り付けるスペイン
日本の瓦との違いとしてまず挙げられるのが素材の違いになります。

その一つとして、瓦を造るときにスペイン現地の土を使っています

スペインの照りつける太陽の光をたっぷりと浴びたスペインの土と、熱い炎を使い焼き上げています
ススペイン瓦を使った海辺の家
スペイン現地の土を使っているからなのか、瓦の色合いは1つ1つ違ったものとなっていて、色が同じな物はありません

また、焼く時に焦げ目が付くこともあり、その焦げもこのスペイン瓦の特徴の1つです

瓦の形状は基本的に英文字の「S」の様な形のS型の瓦が多いです。
スペインの街並み
瓦を造る際、瓦に複数の色を付けて焼き上げている為、日本の瓦の様に違う瓦を組み合わせて葺く(ふく)「敷くとも言います」必要がありません。

ですので瓦を屋根の上に葺き終えた後の仕上がりが自然な物となっています
スペイン瓦は素焼き製法の為、スペイン瓦の素朴な感じと暖かさが感じられて住居の周りからの印象もかなり良いです。
また、スペインの瓦は天気によっても表情を変えます。
太陽が煌々と照り付ける晴天の日、どんよりとした曇りの日、雨水が滴る雨の日とそれぞれの天気の中で様々な表情を表します。


ご自宅の屋根を決めるときにどの屋根材にしようかお悩みのお客様、また、ご自宅の屋根を新しい物にしようとお考えをお持ちのお客様・・。

この機会にスペイン独自の素材感・製法・表情を出す事の出来るこの「スペイン瓦」をお持ちのプランの1つに加えてみては如何でしょうか?

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505