オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市街の屋根やさんがお伝えする瓦屋根の一部「袖瓦」とは?


今回紹介するのは、日本の伝統でもある瓦屋根の一部、「袖瓦(そでがわら)」です。
「ケラバ」と呼ばれる屋根の先に付いている瓦なので「ケラバ瓦」とも言われたりします。

袖瓦は主に切妻屋根(きりづまやね)「山形の形状をした屋根の事で、屋根の面が二面だけの屋根の事を言います」の破風部分(屋根の先端部分)に多く見られる瓦になります。


この瓦の特徴は、瓦自体に「垂れ」と呼ばれる服でいえば「袖」に当たる部分が付いているのが特徴です。

この垂れの寸法(長さ)が大きい物を大袖(おおそで)、小さい物を小袖(しょうそで)と呼びます。

向きによっても呼び方があり、屋根の平らな面から見て左側に袖が付いている物を「左袖」、右側に袖が付いている物を「右袖」と呼びます。

瓦専門の職人さんでなければ何だか難しい言葉ですね


袖瓦は屋根の上の瓦の内でも特に通行人や来訪者などの外にいる人達からよく見える場所

最近では「変わったデザインの袖瓦」も開発されてきて、家全体の表情を普通とは違う表情にする事が出来ます。

形状1つで家全体の表情を変えられるのですから驚かされますね
袖瓦には様々な形状があり、形を変わった物にすれば住宅の印象をガラリと変える事が出来ます。

これから家を建てようとお考えのお客様、瓦屋根に交換しようとお考えのお客様、この機会に袖瓦に注目してみては如何でしょうか?


もしご自宅の屋根の事で何かお困りの事がありましたらどんなに些細な事でも構いません。是非街の屋根やさん渋川店にご相談ください。

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505