オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

新築を建てる際の地震に強い家にする方法、「地盤の強弱をみる」


建築中の新築
こんにちは、「街の屋根やさん渋川店」です。
お客様が新築を建てる際、家の外観と共に地震が来た際に家が傷まないようにするにはどうしたらいいのか分からないと思った方がいらっしゃると思います。

家の耐震性は特に重要で、怠ると地震が来た時に家の中で大きな揺れが起きてしまったり、最悪の場合にはせっかく新築を建ててこれからだという時に家が傾いたりしてしまう事もあります・・。

そうなってしまう前に最初に新築を建てる際に確認する点を今回は全部で4つほど紹介させて頂きたいと思います。
悪い地盤の土地
まずは「地盤が強いかどうか」です。

始めに、家を建てるのには向いていない、地盤が弱い土地の例を紹介します。

元々池や沼などの水が地面に長い間染み込んだ土地、また、その土地では前の所有者が農業をしていて畑だった土地、他から土を運んできて盛り土をし、傾斜が高い土地などが挙げられます。


「コメント」この様な土地では地面が柔らかくなっていて、地震が来た時以外でも年を重ねるうちに段々と家が沈んでいってしまうので、その点から見ましても家を建てたくありませんよね・・。


逆に地盤が強い土地を選ぶ方法ですと、「土地を買う前に公的機関が調査した資料を見てみる」というものが挙げられます。
なぜ資料なのかと言いますと、それは自分で土地を見ても地盤が強いか弱いか分からないからです・・。
表面上で地面を触ってみても判別はまず出来ません。

逆に公的機関が調べた物を参考にすればその土地に関した情報が事前に分かるのでまずは資料を確認した上で地盤の強い、弱いを見定め、その上で土地を買うようにしましょう。

参考にする資料は?というと、「東京都都市整備局」のホームページにて地域危険度測定調査結果を参考にして頂ければ有効だと思います。
地震が来ても大丈夫な新築を建てる為に、家を建てる際の基盤となる土地選びは必須になってきます。
事前に地盤が強いか弱いかを調べておくことにより家が建った後に地震が来たとしても安心して過ごせる住宅となるのです。

もし、今住んでいる住宅、これから新築を建てるお方で分からない事や心配な事があるお客様はどうぞお気軽にお電話ください。

お客様の抱える不安やご不明な点を解消できるよう、力を尽くさせて頂きます。

お見積もりは無料でさせて頂き、お客様のご都合をお伺いした上で早急にお伺い致します。

街の屋根やさん渋川店の対応エリアは渋川市・沼田市・東吾妻町・高崎市・中之条町など渋川市,中部地域を中心に群馬県全域が対応エリアとなっております。
該当していない地域や県でももちろん対応しております

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505