オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

みなかみ町にて雪害による棟瓦と漆喰の取り直しを行いました


雪害により崩れてしまった瓦屋根の棟部分
取り直しを行った瓦屋根の棟の部分です。
かなり雪が積もったのか、雪に引っ張られてしまって真っすぐに並べられているはずの棟瓦が大きく曲がっています。
既に雨漏りも起きてしまっているらしく、早急な対処が必要な状態です。
既存の銅線を切っている屋根屋さん
早速作業開始です。

まずは積まれた棟瓦を束ねて固定している銅線(銅で造られた針金の様に細い線)を切っていきます。
既存の瓦を取り外している作業員
次は瓦を外していきます。
棟瓦に使われている瓦は意外と量が多いので外すのにも少々時間がかかります。

落下防止の板の上に置かれた瓦や袋
外した瓦やその時に出た古い漆喰などは落下しない様に落下防止の木材が固定された所に置きます。
こうする事により落下を防止出来るだけではなく、また瓦を使う時に取りやすくなり作業効率を上げられます。


空気の出る機械(ブロワ―)で屋根の埃を飛ばしている作業員
棟瓦を全て外した後、次の作業が行いやすい様にブロワ―(風の出る機械)で屋根の上の埃を飛ばします。

こうする事により、瓦を固定する為に使う漆喰を塗りやすい状態にする事が出来るのです。
漆喰を乗せ、形を整えている風景
漆喰を乗せていきます。
量の加減を調整し、形を整えながら乗せていくことにより漆喰がはみ出すのを防ぐ事が出来ます。

漆喰は瓦を固定する接着剤や土台にもなる物なのでしっかりと隙間なく乗せていきます。
瓦を葺いている職人
漆喰が乗せ終わりましたので、次は瓦を敷いていきます。
鏨(たがね)という採掘のピッケルに似た形の工具を使い、力を加減して叩きながら敷いていきます

瓦を積み上げている作業風景
棟瓦の部分は四層程あるので漆喰を乗せ、瓦を敷く作業を何回か繰り返します

この時に地震が来た時に振動を軽減するバネを漆喰の中に入れたり、瓦同士の間に雨漏りを防ぐ際に活躍するコーキング材(黒色)を入れるなどして棟瓦の部分を従来の状態よりも頑丈なものにしていきます



積みあがった棟瓦を新しい銅線で結んだ風景
漆喰の取り直しと瓦の敷き直しが終わった後、仕上げとして銅線で棟瓦をがっちりと結びます

こうする事により、例え地震が来ても簡単には瓦が崩れない状態にすることが出来るのです

ブロワ―で埃を掃除している作業員
最後にブロワ―で再度埃を払います。

屋根の上に埃が残っていると雨が降った際に雨水と共に汚れが流れ、外壁や隣接する建物を汚してしまうのでしっかりと吹きます
施工後の棟瓦
作業終了後の風景です。
棟瓦がズレて曲がっていた施工前よりも全体的に綺麗に整っており、住居全体の景観を美しく保つことが出来ます
今回は瓦屋根の棟瓦の部分の漆喰取り直しと棟瓦取り直しを行い、以前はズレてしまった棟瓦の欠落や落下の危険性、雨漏りなどの日常生活への影響が懸念されていた状態から耐震性・防水性をUPさせた状態にする事ができました。

施主様からも「これで安心して過ごせます」とのご感想を頂きました

これからもお客様の不安や悩みなどを解決することが出来るように精進して参りますのでこれからも街の屋根屋さん渋川店をどうぞよろしくお願い致します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

渋川市|雨漏りや棟の崩れ防止になる漆喰の詰め直し工事行いました

IMG_6580-2
漆喰施工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
漆喰詰め増し
漆喰詰め直し
使用素材
瓦漆喰
築年数
30年
建坪
40坪
保証
工事費用
30万円
施工事例

みなかみ町にて棟瓦と漆喰の取り直しを行いました

取り直し前の棟瓦
綺麗な状態の棟瓦
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
漆喰(防水性「なんばん」)、瓦(不足分×1)、コーキング材(黒)、銅線(複)
築年数
30年
建坪
保証
2年
工事費用
16万円

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

修繕を行う前の隅棟の棟部分

今日は渋川市北橘町にて瓦屋根の棟の取り直しと割れた瓦の交換を行ってきました。今回は「隅棟部分の棟の取り直し」になります。このお家ではかなり前から雨漏りが起きていたとの事で次回の雨や台風時に状態が悪化しない為の補修になります

ずれた瓦が見られる釉薬瓦の屋根

伊勢崎市における雨漏りの現場調査のご紹介です。築年数40年程の釉薬瓦のお宅です。部分的に修理をしたような後も何カ所か見られました。棟の瓦の通りも少し曲がっていて、棟の丸くなっている瓦の下の熨斗瓦という瓦(のし瓦は棟の高さを調整する平たい瓦で...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505