オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市北橘町にて瓦屋根の修繕を行いました「隅棟の取り直し編」


修繕を行う前の隅棟の棟部分
今日は渋川市北橘町にて瓦屋根の棟の取り直しと割れた瓦の交換を行ってきました。
今回は「隅棟部分の棟の取り直し」になります。
このお家ではかなり前から雨漏りが起きていたとの事で次回の雨や台風時に状態が悪化しない為の補修になります

既存の瓦と古い漆喰を外す瓦屋
まずは台風の被害を受けた隅棟部分の既存の丸瓦を外し、古い漆喰を綺麗に取り除きます。
漆喰が雨や風で流され少なくなっていたのか、丸瓦を外した中の漆喰は少量でした・・

丸瓦と漆喰を外した後の隅棟ののし瓦の上
双方取り終えたらホウキで汚れを払います。
瓦自体には割れや破損欠損は見られませんでしたが、固定力が弱まっているせいか、ズレが多く見受けられました。
のし瓦を固定している瓦やさん
ドリルで穴を開け、釘でのし瓦を固定していきます。
固定力が弱まり、ズレが目立っていましたので、ズレを直した上で釘を使い、しっかりと固定していきます
瓦を外した部分に針金付きのビスを打ちました
お次は隅棟の隣にある一列の瓦を半分取り外し、その下の屋根下地に丸瓦を固定する為の針金付きのビスを打っていきます。
このビスを打つ事により、丸瓦が風や雨の影響で再び倒壊するのを防ぎ、丸瓦の固定力を強くする意味合いもあります。
1つの面に一本ずつ打つ形で留めていきました
黒色の漆喰を乗せている瓦屋さん
外した瓦を戻した後、お次は漆喰を既存ののし瓦の上に乗せていきます。
ズレの無い様に一列に漆喰を乗せていきます。
途中まで漆喰を乗せ終わりました
ある程度漆喰を乗せ終わったら表面をコテでならしていきます。
量の多い所は削り他の所へ移します。
漆喰が多すぎてもダメ、少なすぎてもダメなのでここは瓦屋さんの熟練の感覚ですね
丸瓦を乗せている瓦屋さん
漆喰を乗せた後、お次は丸瓦を乗せていきます。
最初に丸瓦の中心に針金を通す穴を開けた後、針金を通してハンマーで丸瓦を軽くトントンと叩きながら乗せていきます。
この時の叩く力が強いと瓦を傷めてしまいますので、加減をしながら行っていきます

固定の為、丸瓦を乗せ終わった後に棟の通りを確認した後に通した針金を縛りました。

下から一度取り直した棟の全体を眺め、ズレている所があれば微調整をし、「瓦屋根棟部分取り直し」終了です。
隅棟隣の屋根下地にビスを打ち、針金で固定しているので強風や大雨が吹いてもそう簡単には倒壊はしません。

作業が完了した後は瓦屋根の上を綺麗に清掃致しました
今回は棟部分の取り直しを行いましたが、もし同じ様な問題でお困りの方がいらっしゃいましたら私供「街の屋根やさん渋川店」までお気軽にご相談下さい
当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂き、お見積もりは無料でさせて頂いております
渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております

同じ工事を行った施工事例

施工事例

渋川市|雨漏りや棟の崩れ防止になる漆喰の詰め直し工事行いました

IMG_6580-2
漆喰施工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
漆喰詰め増し
漆喰詰め直し
使用素材
瓦漆喰
築年数
30年
建坪
40坪
保証
工事費用
30万円
施工事例

みなかみ町にて棟瓦と漆喰の取り直しを行いました

取り直し前の棟瓦
綺麗な状態の棟瓦
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
漆喰(防水性「なんばん」)、瓦(不足分×1)、コーキング材(黒)、銅線(複)
築年数
30年
建坪
保証
2年
工事費用
16万円

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ずれた瓦が見られる釉薬瓦の屋根

伊勢崎市における雨漏りの現場調査のご紹介です。築年数40年程の釉薬瓦のお宅です。部分的に修理をしたような後も何カ所か見られました。棟の瓦の通りも少し曲がっていて、棟の丸くなっている瓦の下の熨斗瓦という瓦(のし瓦は棟の高さを調整する平たい瓦で...........

雪害により崩れてしまった瓦屋根の棟部分

取り直しを行った瓦屋根の棟の部分です。かなり雪が積もったのか、雪に引っ張られてしまって真っすぐに並べられているはずの棟瓦が大きく曲がっています。既に雨漏りも起きてしまっているらしく、早急な対処が必要な状態です。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505