オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

コロニアル屋根の傷み、雨樋の変形や外れ、波板の劣化等の現場調査|沼田市


新しい一戸建てのお家
コロニアル屋根の傷み、雨樋の変形や外れ、波板の劣化等による現場調査を今日は行いました。

今回は沼田市にお住いのお客様からコロニアル屋根の経年劣化による傷みに加え、雪害による雨樋の変形や落下、塩ビ波板の劣化により困っているとのご相談を頂き、お伺いさせて頂きました



コケが生えたコロニアル屋根
現場に到着し、お客様のご了承を得た後に梯子を掛けて早速屋根の上に上がらせてもらいました。

そこで目に入ってきたのは屋根一面に至る所に生えた黄色いコケと経年劣化によるひび割れや欠けなどの傷みでした。

ほぼ全体にコケが生えており、屋根塗装も色褪せている所や小さなひび割れなどが多々見受けられる状態です

今の状態から、各所に出来た大小様々なヒビの補修と共に高圧洗浄からの再塗装が必要だと伺えました
ヒビが発生した黒色のコロニアル屋根
また、所々ヒビが見受けられ、中には大き目なひび割れも確認できました。

屋根材の割れは軒先(屋根の端の部分)では起きても直接雨漏りには影響は少ないのですが、この様に屋根面の上でのひび割れなどが起きていた場合ですと、時間経過と共に少しづつヒビが広がります。

放置をしてしまうと、雨漏りに繋がってしまいますので要注意です

対処法としては、コーキング剤を使っての補修の他に、数枚程度であれば差し替えも可能なので後々の事も考えると早めに対処した方がいいのです
屋根の上のアンテナ
次は屋根の棟部分(屋根の頂上の事)です。

棟部分に付けられていたアンテナですが、足が変形し曲がっていました。

これではアンテナの固定力が弱まってしまい、強風などが吹いた際には転倒の危険性も出てくるので早急な対処が必要になってきます

最近では屋根以外にアンテナを付けることが出来るタイプを見かけるようになりましたが、この様に屋根に取り付けるタイプもあり、メンテナンスが重要になってきます

棟板金を固定している釘
近寄って見てみると、板金を留めている釘が錆と共に抜けかけており、板金自体も少し浮いておりました

板金が浮けば接合部分に施工してあるコーキング剤の部分も切れたり剥がれたりしやすくなってしまいますので増し打ちを行い、しっかりと固定した方がいいでしょう。
樋と集水器が外れてしまった屋根の軒先の板金部分
次はご相談のあった雨樋部分の調査です。

本来ならばここに雨水を流す為の「横樋」と一時的に流れてきた雨水を貯めて竪樋(たてどい)へと流す「集水器」があるはずなのですが、ご覧の通り、
・・金具だけを残して、見る影もありません・・・





落ち葉の上に置かれている黒色の横樋と集水器
ご依頼者様曰く、雪が降り積もった時に雪の重さにより落下してしまったとの事。

軽いものとはいえ、大きな物なので当たれば怪我をしてしまいます。

ご依頼者様に当たらなくて本当に良かったです・・。
屋根の破風部分
雨樋が外れてしまった後の状態は、金具だけ残っている形になっており、残った金具のほとんどがぐにゃりと変形しており、中には既に根元から抜けて無くなっている金具も所々見受けられました・・。

とにかく早めの対処が必要となり、雨樋が無い状態ですのでまた雨が降ってしまえば、屋根の四方八方から雨水が滝のように落ちてきてしまいます
経年劣化により黄色く変色してしまった波板屋根
こちらは波板部分の状態になります。

波板は経年劣化により既に黄色く変色しており、所々ひび割れも確認できました。

そして波板屋根の傍の雨樋も積もった雪の重さにより大きく傾いています。

傾いた雨樋からは雨が降った際に雨水が漏れ、雨樋から漏れ出した雨水は劣化した波板のひび割れの部分から屋根下へと落下してしまいます
対処としましては雨樋本体の損傷が大きければ交換、そして雨樋を支える受け金具の交換をし、波板屋根に関しましては一度既存の波板屋根材を取り払い、新しい波板屋根材と交換をした方がいいでしょう。

後日行う予定の修繕工事に関しましては、ご依頼者様の意向で火災保険を使っての修繕工事となります。

記事に関しましては工事が進み次第随時お伝えしていければと思いますので少々お待ち頂けますと幸いでございます


ご不明な点やお困りの事がございましたら私供「街の屋根やさん渋川店」にお気軽にご相談下さい。

お見積もりは無料でさせて頂いており、近日や当日など早く来てほしい場合でも勿論対応させて頂いております

渋川店で対応させて頂いている地域は、渋川市を中心として幅広く対応させて頂いております。 
その他の地域の方もお気軽にご相談ください

県外の方でもお気軽にお問い合わせ下さい

いち早くお伺いさせて頂きます

同じ工事を行った施工事例

施工事例

瓦屋根と壁の隙間から雨漏り。コーキング剤での補修工事|高崎市

コーキング補修前の屋根と壁の隙間
補修後の瓦屋根と壁の間の隙間
工事内容
その他の工事
使用素材
コーキング剤(ホワイト)×三本、養生テープ×一巻
築年数
50年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

応急処置を行った瓦屋根破損部分

渋川市北橘町にて瓦屋根の修繕を行ってきました。今回は「破損した瓦の交換」になります。前回ご紹介した被害を受けた棟部分の瓦が落下し、衝突した事により破損が起きた様です。調査時には足元に瓦の破片が多く散らばっており、かなりの勢いで飛散したことが...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505