オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

意外と知らない瓦の名所、熨斗瓦(のしがわら)について


熨斗瓦が使われ高さがある瓦屋根
熨斗瓦(のしがわら)とは、昔からある日本特有の文化の象徴の1つでもある「瓦屋根」の部分の1つです。
熨斗瓦(のしがわら)の形は短冊の形になっていて、平らな瓦となっています。
専門的な大工用語(大工さん達が建築の際や普段などに使用する用語)となりますので、ご自宅の屋根を瓦屋根にしているお客様も、屋根が瓦屋根ではないお客様もあまり聞いたことがない方が多いのではないでしょうか?




熨斗瓦(のしがわら)の主な役割としましては、住居に悪影響を与えてしまう雨漏りの防止、住居の外観を保つためのデザイン性を高くする役割といった二つの役割を持っています。

どちらも瓦屋根に対して重要な役割を持っており、瓦屋根にする際は欠かす事の出来ない存在です。
降り注ぐ大粒の雨
まず熨斗瓦(のしがわら)の「雨漏りの防止」についてですが、この瓦の部分が雨漏りなどを防止する為の効果を発揮する理由としましては、熨斗瓦(のしがわら)は一般的に屋根の一番高い所「棟(むね)」に取り付けられます。

その屋根の一番高い所「棟(むね)」は屋根の面(屋根の平らな部分)が鋭い角に結合している部分の為、どうしても雨が降った際の雨漏りを防止する事が出来ないのです。

そういった問題を解決するために雨漏り防止の役目を発揮するのが熨斗瓦(のしがわら)です。

熨斗瓦(のしがわら)を上から乗せる事により、棟に雨水が入り、棟の下地を痛めてしまうのを防ぎ、屋根の面に受け流す事が出来ます。
昔から続く瓦屋根
次に熨斗瓦(のしがわら)が瓦屋根に与える「デザイン性」についてです。

一般的に熨斗瓦を乗せる棟の部分は瓦屋根の際に特に目立つ部分の為、その瓦の形・瓦の表面の装飾・瓦の高さや段数などをお決めになるお客様が多く、段数などを多くすればデザイン性がより向上します。

ですが、その分、風などが吹いた時に風の影響を受けてしまうリスクが高まってしまうので段差に関しては過度な段差を付けることには注意が必要となります。
この様に熨斗瓦(のしがわら)が持つ役割は瓦屋根に対して重要な役割を担っていますので「これから家を建てるお客様」、「ご自宅の屋根を瓦屋根にしているお客様」はこの機会に熨斗瓦(のしがわら)についてお考えになっては如何でしょうか?

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505