オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市の強風による被害を防ぐ為に必要なことをお伝えします


風のイラスト
いつも私たちの周りに吹く風。その中には人に季節の訪れを告げたりする優しい風もあれば、時には人に危害を与える厳しい風もあります。

その中で私たちが気にするのは、台風や突風などが吹いた時に心配になる家の状態や外に外出している際の飛散物や落下物です。

よくニュースなどを見ていると、台風や突風などが吹いた時に様々な物が飛んでいる映像を見たことがある方がいらっしゃると思います。
その大体の飛散物の殆どが住居の屋根に使われていた屋根材が劣化して剥がれて飛んでしまったり、外壁に物が衝突し割れた外壁材がにより飛散したり、また時には庭に置いておいた鉢植えや物干し竿が飛んでしまったりという住居から出た飛散物が殆どです。
台風の予報が出た時、大体の人が「私の家は大丈夫」、「私の家の周りには飛ぶ物は無い」と思いがちですが、実は築年数が経過した住居には屋根に使用されている屋根材の劣化や外壁の劣化などにより飛散の可能性が出ている場合があるのです。

一般的な住居の写真
山に囲まれている渋川市や他の山に面している地域などで台風や突風などの強い風に備えておくこととしましては、
まずは住居の屋根や外壁のチェック、敷地内にある強い風が吹いた時に飛散しそうな物のチェックなどが挙げられます。

特に屋根と外壁のチェックは必須で、屋根ならば屋根材にひび割れが入ってないか・欠けている箇所は無いかなどの点を確認する必要があります。

外壁ならば表面に亀裂が入っていたり、サビが発生している所はないかなどといった普段あまり気にしない点などの中にも実は災害の原因になる可能性があるので日ごろのチェックが必要になってくるのです。


お住いの住居の日々のこまめなチェックにより様々な問題が発見でき、そしてそれらの問題を解決していくことにより被害を最小限に留めることが可能です。

例えば屋根ならば屋根材の点検を行い、瓦屋根ならば漆喰(瓦と下地を接着し、固定する為のもの)の補修、金属屋根ならばや屋根材が浮いている箇所はないかなどの屋根のケアにより屋根材の飛散防止が出来、外壁ならばひび割れの補修をコーキング材(外壁を張る際に使われる防水効果のある接着剤)を使用し、防水効果を高めたり補強をし、外壁自体を強化することにより物が衝突することによる破損の被害を少なくすることができます。

渋川市やほかの地域の山に面している地域では山からの強い風を受けてしまうことが多いので、自分の住居をケアすることによりいざ台風が来た時にも被害が大きくならないように早め早めの対策が必要になってくるのです。

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505