オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

瓦屋根のお家の方これから屋根を決める方へ、瓦屋根の長所と短所


瓦屋根のお家
瓦屋根のお家に住んでいる方やこれから新築やリフォームをご検討中の方へ今回お伝えしたいのは、瓦屋根にある長所と短所についてです。
和のイメージが強い瓦屋根で、若い世代でお家をお考えの方からは注目されることの少ない瓦屋根ですが他の屋根材よりもメリットが沢山ある事をご存知でしたでしょうか?


赤とオレンジの色が混ざった瓦
瓦屋根を選んだ際のメリットをご紹介していきます↓

1.屋根自体の寿命が長いのが特徴→瓦の対応年数は30年と長く、メンテナンスフリーとも言われており、点検回数が少なくて済みます

2,屋根材の中でも一番経済的→初期費用に関しては化粧スレートなどが50万程に対して瓦屋根は100万程掛かってしまいます

後のメンテナンスに関してみると、化粧スレートが全交換になり新築時と同様の50万に加えて解体+処分で30万=80万、初期費用と合わせて130万程掛かるのに対して瓦屋根はメンテナンスがほぼ要らず、問題発生の場合でも10~20万で済み、全てを合わせると100万~120万で済むんです


厚みのあるいぶし瓦
3.防音性が高い→瓦材と下地との間に隙間を設けており、屋根材自体も厚みがあるので室内への音漏れの心配もありません

4.断熱性が高い→3でお伝えしたように屋根材と下地の間に隙間があり、常に新鮮な空気が循環しているので暑さや寒さに非常に強いです

5.耐風性でも安心→現代の施工方法+屋根材自体の重量により、異常な強風が吹かない限り飛ばされることはありません

6.瓦材は丸く、水を集めての排出が可能ですので雨漏りの心配は他の屋根と違い少ないのが特徴です

7.見た目が綺麗→外装も傷みづらく、時間が経っても景観を維持することが出来るので古さによる心配はございません
朱色の瓦屋根
瓦屋根のデメリットはメリットに比べて殆どありません。
あるとするならば重さ位でしょうか。

瓦屋根の重さにより地震が心配という方からの他の屋根材に交換するお問い合わせもありますが、近年の調査により瓦屋根だから地震に弱いという概念が撤回されました。
新築の際の屋根材選びやリフォーム時の屋根材選びなどでお困りの方、また瓦についてもっと知りたいという方は私供「街の屋根やさん渋川店」までお気軽にご相談下さい

当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂いており、お見積もりは無料となります
渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505