オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川屋根やさん、屋根の葺き替えについて(瓦屋根編)「第1部」


つつましい光沢を放つ黒色の瓦
昔から日本で屋根に多く使われてきた瓦。

そんな瓦屋根も年数が経つと長い年月の中で天候や自然災害などで瓦自体の老朽化やひび割れ・破損や欠損、ズレなどの様々な問題が生じてきて見た目はさることながら、瓦屋根全体の耐久性にも影響が出てきます

そんな中、使っている瓦の劣化の状態から修繕が不可能な場合や一部分の修理より全体的な屋根材の葺き替え(ふきかえ)が出てきて、葺き替えを検討されているお客様もいらっしゃると思います。
瓦を持つ瓦職人さん
まず、全体的な瓦屋根葺き替え(ふきかえ)工事内容を順ごとに説明致します。
施工内容は主に↓

1.車の移動(コインパーキングなどへの車の移動で費用は通常、業者が負担します)

2.屋根全体への足場の設置と飛散防止避けネットの設置(この作業は他のどの屋根葺き替え工事にも該当します)

3.既存の瓦と漆喰(粘土質で様々な材料が加えられた土)、横に打ち付けられている浅木(あさぎ)と呼ばれる細めの木(瓦を段ごとに固定する為の木)に加え、
その下に設置されている防水シートと野地板(屋根材設置の為の屋根の原型となる木の板)の撤去を行います(撤去した瓦は新しい瓦に交換するので全部処分します)




4.清掃します(新しい部材を設置する際に埃・漆喰・瓦の破片・木くずなどが取り除いていないとその後の工程に様々な影響が出る為)。

5.清掃終了の後、新しい野地板(屋根材を乗っける大きな木の板)を張っていきます。

6.寸法を測って位置を決め、防水シートをタッカー(ホチキスの親分的な存在)を使い、打ち付けていく感じで一面に隙間なく貼ります

7.浅木(あさぎ)を位置を決めて既定の場所に打ち付けていきます。
屋根の葺き替えについてご紹介させて頂いている記事の続きをご覧になりたい方は、「渋川屋根やさん、屋根の葺き替えについて(瓦屋根編)「第二部」」10月23日のブログにて掲載しておりますのでそちらをご覧になって下さいませ

もしご自宅の屋根の事で何かお困りの事がありましたら私供「街の屋根やさん渋川店」にご相談ください。
どんなに小さな問題でも構いません、どうぞお気軽にお電話ください


街の屋根やさん渋川店の対応エリアは
渋川市・沼田市・東吾妻町・高崎市・中之条町など渋川市,中部地域を中心に群馬県全域が対応エリアとなっております。

該当していない地域や県でももちろん対応しております

お客様のご都合をお伺いした上でいち早くお伺いさせて頂きます

お見積もりは無料でさせて頂いております

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505