オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

塗装をお考えの方。春と秋は屋根塗装と外壁塗装に適している季節です


板金屋根で作業をしている板金やさん
新築での塗装を行いたい方、そして住居の再塗装をお考えの方。
暑さが弱まり、涼しさが増してきたこの季節、そして雨が少なく暖かくなる春は屋根塗装や外壁塗装に適しています。
塗装の際には外の気温や湿度がとても重要で、暑過ぎず寒過ぎずというカラッとした秋と雨が少なく暖かくなる春は塗装・再塗装を行うチャンスでもあります




秋の道
屋外・屋内共に改修ではなく塗装をメインに行っている会社の方にも聞いた所、春・夏・秋・冬の中で塗装に適している季節は春「3月・4月・5月」と秋「10月・11月」というお声を頂きました。

秋は夏の様に高温多湿、冬の様に低温低湿といった極端な温度・湿度ではなく、雨も降りにくい事からバランスの良い季節なのです

現在は9月ですが、今までの様に残暑はあまり残らず、涼しい気温と平常の湿度を保っております。
ひまわりと夏の空
何故秋なのか?と思う方もいらっしゃると思いますのでご説明させて頂くと、例えばの季節。
夏に関しては今年の8月が一番分かりやすいかと。
そう、あの異常なまでの暑さです。

主な影響は、塗装面を高温にさせ、温度が下がらないまま塗装をしてしまうと表面に気泡を発生させてしまい、やり直しになってしまうので日陰での作業を強いられてしまいます。

加えて作業に使う足場も高温になってしまい、職人さんにとっては非常に作業がしづらい環境なのです・・
雪が積もった屋根
冬の場合。
冬の季節で問題なのは何と言っても気温の低さ。
気温2度や0度の日はざらにあり、寒冷地方では-10度や20度が殆どです。

塗装には作業不可能な一定条件というものがあります。
1.気温5度以下の時
2.湿度85%の時

気温や湿度が低い日が多く、結露が発生しやすい冬では厳しいですね。
塗料が「水性」のものである場合、温度の低さから凍結してしまうこともあり、乾燥が十分に行う事が出来ません。
この場合には正しい塗膜の形成が行えずに塗装面との密着不良を起こし、剥がれ易くなってしまいます。
しかし、塗料が「油性」の物である場合は揮発性の為、気温はさほど関係せず、それもあって自分たちの都合上冬季に塗装を行う業者さんが多いのですが、あまりお勧めはしませんね・・

冬の期間は12月から3月の始めまでの間は塗装業者さんの中で塗装作業をストップする所もあるそうです。
季節の特性、そして地域の天候を考慮してこの様な対策を取っているのも理由の一つです。

コスモスと湖と緑豊かな山
春の「3月・4月・5月」は雨が少なくなり、暖かくなるのでこちらも塗装に適している季節になります。

この季節は塗装が乾きやすく、塗料の天敵である雨や結露などの水分も少なくなる為、屋根塗装・外壁塗装に適しております。
しかし、塗装をメインに扱う業者さんの多くは依頼が殺到して予約が取れなくなる可能性もありますので、春・秋共にご注意を!
私供街の屋根屋さんでも屋根の塗装工事・外壁の塗装工事は承っておりますのでお気軽にご相談下さい
お客様のお家に合った塗料とご希望に応じた塗装を提供させて頂いております。

当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂き、お見積もりは無料でさせて頂いております
渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし幅広く対応させて頂いております

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505