オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市屋根やさんから、破風板の性能・役割についてお伝えします


建てられている最中の住宅
破風板とは屋根を形造る上で欠かせないパーツの1つです。
破風板が付けられる場所は屋根の端の側面に取り付けられます。
素材は基本的に「木材」が使われています。

嵐が来る前の曇った空
破風板が果たす主な役目は、「耐風性能・耐火性能の向上・壁面の保護」が挙げられます。

まずは「耐風性能」です。
住居に吹き付ける風は上から、下からと色々な方向から吹き付けます

特に突風などの強い風が吹く台風などが起きた場合、下から吹く風などにより屋根を瓦にしているお客様のご自宅や軒天(屋根の端の裏側の部分の事を言います)は風の持ち上げる力に弱い為、負担を掛けない様に破風板は重要な存在になります
燃え盛る炎
次は「耐火性能」になります。
火災が発生してしまった場合、主に火は下から上にかけて上がってきます。

その時、火を遮る物が無いとそのまま火が上の階に移ってしまい、大火災にも繋がりかねません

しかし、破風板があることにより下から上がってきた火を遮り、被害が大きくなるのをある程度ではありますが、防ぐ事が出来ます。
雨樋が無い三角屋根の正面
お次は壁面の保護です。

雨漏りの原因は主に屋根から・・。
そう考える人が多いと思いますが、雨漏りに繋がる原因は屋根よりも壁からの方が実は多いのです。

ケラバ(妻側)「主に切妻屋根などの三角屋根が代表的で、家の正面や裏側などを言います」などの雨樋が取り付けられていない場所の下の壁は劣化が進みやすく、雨漏りの原因になりやすいです。

破風板があれば雨などが降った際の壁面の保護が出来るのです。
破風板にはこういった家を守る様々な役目を持っており、どれも欠けてはならない重要なものになります。
もし、点検などの依頼をしてこの破風板に劣化が見られた場合、早急に対処をしないと様々な問題が起きてしまいます。


同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505