オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市北橘町にて板金巻き工事を行いました


板金を巻く前の破風板の下地
今回の作業は破風板(屋根の端の下部分)の板金巻き作業を行わせて頂きました。
破風板の塗装剥げや雨水による木の痛みが進行していたので板金を巻き、雨による被害を抑える必要があります。

銀色に光る差し金(さしがね)
まずは寸法を測り出します。

搬入された板金素材にも限りがあるので極力無駄を出さない様にし、ぴったりの寸法で板金に墨を出します。
板金を専用のハサミで切っている職人さん
墨だしが終わったら次は板金を切っていきます

板金は金属素材なので普通のハサミではまず綺麗に切れません・・。
なので金属を切る専用のハサミを使って測った寸法に切っていきます。

この時に手動の鉄を曲げる道具を使って板金の下の部分の端を曲げ、破風板に引っ掛けることが出来るようにしておきます。
板金を取り付けている職人さん
加工が終わった板金を取り付けていきます

板金を被せた後、細い「錐(きり)」と呼ばれる道具で穴を空けておき、そこに釘を打って固定していきます。

こうする事で台風などの強い風が来たとしても板金が飛ばされずに済み、ズレなどの心配もありません
板金巻きが終わった後の風景
板金巻きの作業が終わりました。

板金を巻いた事で破風板が保護されるので雨による破風板の劣化を防ぐ事が出来ます。
見栄えも板金を巻く前とは違い、外から見ても新築の屋根の様な印象を放つことが出来ます。

今回の板金巻き作業が終わり、仕上がりに対してのお客様からの意見は、「綺麗に仕上がって良かった、これで雨による心配も無くなりました」とのありがたいお言葉を頂きました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

渋川市にて屋根周りの破風板板金巻きを行いました

板金を巻く前の破風板の下地
板金巻きが終わった後の風景
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
使用素材
板金(黒)
築年数
20年
建坪
21坪
保証
2年
工事費用
28万円 (足場別途)
施工事例

太田市にて折半屋根を使用し車庫の屋根葺き工事をしました

折半屋根の屋根葺き工事前の骨組みの写真
上から見た折半屋根の全景写真
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根塗装
その他の工事
使用素材
金属製折半屋根
築年数
新築
建坪
12.5
保証
2年
工事費用
56万円

同じ地域の施工事例

施工事例

錆で劣化した桟葺きの板金屋根の塗装工事を行いました|渋川市伊香保

施工前
中塗り
工事内容
棟板金交換
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
遮熱シリコン塗料(深緑)
築年数
45年
建坪
31坪
保証
5年
工事費用
60万円(足場含む)
施工事例

瓦沈没に対する防水紙張り及び下地交換での補修|渋川市

苔が生えた屋根上
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
胴縁(細く加工された木材)・ゴムアスルーフィング
築年数
三十年
建坪
保証
二年
工事費用
施工事例

雨漏りによる下地の交換と板金巻き直し工事を行いました|渋川市

劣化しボロボロになった棟板金の下地木材
濃い緑色の金属製の屋根
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_6378-1-e1510963936992

渋川市で雨漏り修理の現場調査に行ってきました。屋根には枯れ葉がたくさん乗っている状態でした。この状態を放置すると湿った落ち葉が屋根を腐らせてしまうことになります。勾配の急な屋根で、お客様ご自身で落ち葉を落とすのは毎年大変なんです、と仰ってお...........

工事前のお客様のご自宅の屋根

屋根塗装の施工前の状況です。築年数は20年。屋根材はコロニアル屋根です。南面はコケはそんなに多くありませんが、北面などの日陰になりやすい部分はコケが多く生えています。また棟部分の板金の剥がれや釘の抜け落ち、コーキングの割れ、破風板木部の傷み...........

現場調査を行った北橘町のお客様邸

今回は勢多郡北橘町にてお客様のご自宅を訪問させて頂き、現場調査を行ってきました。主に屋根関係の部分が傷んでいるとのご指摘を頂き、まずは家の周わりを歩き、問題のある箇所の確認を行いました。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505