オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

みなかみ町にて棟瓦と漆喰の取り直しを行いました


工事のきっかけ

雪害により棟瓦がズレてしまい、雨漏りもしているので対処して欲しいとのご依頼を頂きました

みなかみ町 棟瓦取り直し,漆喰取り直し

ビフォーアフター

before
取り直し前の棟瓦
horizontal
after
綺麗な状態の棟瓦

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し,漆喰取り直し
施工期間
1日
使用材料
漆喰(防水性「なんばん」)、瓦(不足分×1)、コーキング材(黒)、銅線(複)
施工内容その他
築年数
30年
保証年数
2年
工事費用
16万円
建坪
ハウスメーカー
歪んで崩れそうな頂上部分の瓦
横から見た施行前の風景です。 
雪の重さにより棟部分の瓦がズレてしまい、全体的に崩れてしまっています

すでに天井からの雨漏りも起きているらしく、原因は恐らく崩れてしまった瓦の部分から雨などで雨水が侵入してしまっている事が考えられます
既存の銅線を切っている屋根屋さん
早速作業に取り掛かります

まずは重なった瓦を束ねえて固定していた古い銅線を切っていきます。

この時に瓦の表面を傷つけない様に線だけを切っていきます


既存の瓦を取り外している作業員
既存の瓦を外していきます。
いっぺんに外そうとすると崩れてしまって落下の危険性もあるので1枚ずつ外しています。
この作業を二層・三層・四層目と繰り返していきます。

外した瓦はそのまま利用するので割らない様に外していきます(亀裂が入っていたり、割れてしまっている瓦はこの時に弾きます)。
出てきたブロック状のセメント
瓦を外すと四角状のセメントと、セメントが付いた瓦が出てきました

一番下の瓦も同様に再利用しますので瓦の裏に付いたセメントを丁寧に剥がしていきます。

剥がしたセメントや四角いセメントは袋に入れて作業完了後に処分します。
取り外した瓦
乗っている瓦・セメントをどかすと、最初に瓦を固定する為に敷かれたであろう漆喰が登場しました。

乾燥してボロボロになってしまっている為、瓦を固定する為の漆喰に含まれている接着成分はこの状態ではもうあまり機能していません。

ちりとり・袋・ハケを使い、古い漆喰を綺麗に取り除きます。
漆喰を取り除いた後の光景
漆喰を全部取り除き終えました。

この状態にする事で次の作業に移りやすくなります。
周りにも住居があるのでなるべく埃が舞わない様にします。
ビスを止める為の穴をドリルで開けている作業員
棟瓦があった周りの瓦に一枚に付き一か所ずつ穴を空けていきます。
こうすることで瓦を固定する為に打つビスを打ちやすくすることが出来ます
この作業をしないと止めている最中のビスが折れてしまったり、ビスが入っていかなかったりするからです。

このあとはビスを止め、周りの瓦をしっかりと固定した上で次の作業に移ります
漆喰を乗せ、形を整えている風景
土台となる漆喰を乗せていきます。
形を整えながら乗せていくことで漆喰のはみ出しなどを回避することが出来ます。

漆喰が多すぎても駄目、少なすぎても駄目なのでここは職人さんの腕の見せ所です


瓦を葺いている職人
いよいよ瓦を葺いていきます。
瓦を葺くとは、分かり易く言えば瓦を敷いて漆喰の上に乗せていくことです。

この時、鏨(たがね)と言う採掘の際に使うピッケルの様な手持ちサイズの工具で叩き過ぎない様に軽く叩きながら取り付けていきます

力加減が重要で強く叩き過ぎてしまうと高さが合わなくなってしまうので注意が必要です

一段目の瓦が敷き終わった風景
一層目の瓦が敷き終わりました。
一層目の瓦はその上に葺(ふ)いていく瓦の土台の役目もしますのでズレが無い様にします。

この時に瓦と瓦の間にコーキング材(黒)を使って打って(付けて)いきます(コーキング材とはゴム質の接着剤の事)。
同時に伸縮性のバネも取り付けます(付けることにより、バネが地震の時に振動を吸収し、崩れ無い様にする為)。

この作業を二層、三層、四層目も同様に行います。
三層目で取り付けた飾り瓦
三層目の段階で取り付けた棟先の鬼瓦です。
元々付いていた瓦なのですが、かなり印象的な瓦になっていてカッコイイです

こちらの鬼瓦も漆喰とコーキング材、銅線を使ってしっかりと固定していきます。


銅線を使って重なった瓦を固定している作業員
全ての瓦を重ねて積み上げた後、銅線(銅製の針金の様な物)を使って瓦を固定していきます。
簡単には緩まない様にしっかり力強く結んでいきます

こうすることにより瓦が崩れるのを防ぐ効果を得られるのです。

工具を使って瓦に付いた汚れを落としている作業員
こてを使い、瓦に付いた漆喰を落としています。
漆喰は乾いて他の瓦に付いてしまう為、こてを使って見栄えが良くなるようにしっかりと清掃します。

ブロワ―で埃を掃除している作業員
最後にブロワ―(強い空気が出る機械を使って掃除をします。
屋根の上の塵が無くなり、綺麗にすることが出来ます。
色褪せた黒色のいぶし瓦
今回の棟瓦の取り直しは無事終わり、施主様からも喜びの声を頂きました。
施工後は棟瓦が綺麗に仕上がり、お客様を悩ませていた雨漏りや崩れの不安を無くすことが出来ます。

【工事完了後】

横から見た取り直し後の棟瓦
こちらは横から見た工事が終わった後の棟瓦です。
綺麗に並べられた棟瓦は周りから見ても美しく見えます。
下から見た棟瓦
下から見た工事後の棟瓦です。
全体的にまとまった印象に変わり、雨漏りなどの不安も無くなります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

渋川市|雨漏りや棟の崩れ防止になる漆喰の詰め直し工事行いました

IMG_6580-2
漆喰施工
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
漆喰詰め増し
漆喰詰め直し
使用素材
瓦漆喰
築年数
30年
建坪
40坪
保証
工事費用
30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

波板屋根のコーキング補修・ビスの止め直し工事|みなかみ町

ビスが抜けてしまった施工前の風景
ビスを止めなおした施工後
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
コーキング剤、波板ビス
築年数
建坪
保証
一年
工事費用
施工事例

倉庫のスレート・トタン波板屋根張替え|みなかみ町

屋根材を剥がした張り替える前の風景
新しい波板を張った施工完了後の風景
工事内容
その他の工事
使用素材
波板屋根材
築年数
建坪
保証
一年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

修繕を行う前の隅棟の棟部分

今日は渋川市北橘町にて瓦屋根の棟の取り直しと割れた瓦の交換を行ってきました。今回は「隅棟部分の棟の取り直し」になります。このお家ではかなり前から雨漏りが起きていたとの事で次回の雨や台風時に状態が悪化しない為の補修になります

ずれた瓦が見られる釉薬瓦の屋根

伊勢崎市における雨漏りの現場調査のご紹介です。築年数40年程の釉薬瓦のお宅です。部分的に修理をしたような後も何カ所か見られました。棟の瓦の通りも少し曲がっていて、棟の丸くなっている瓦の下の熨斗瓦という瓦(のし瓦は棟の高さを調整する平たい瓦で...........

雪害により崩れてしまった瓦屋根の棟部分

取り直しを行った瓦屋根の棟の部分です。かなり雪が積もったのか、雪に引っ張られてしまって真っすぐに並べられているはずの棟瓦が大きく曲がっています。既に雨漏りも起きてしまっているらしく、早急な対処が必要な状態です。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505