オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

台風後の屋根点検で疑問。台風により屋根が割れる事はあるのか?


台風により丸瓦が飛ばされた瓦屋根の隅棟部分
毎年相談が多くなる台風による屋根被害。
台風後には屋根の点検を考える人がいらっしゃると思いますが、ここで疑問となるのは、「台風で屋根材は割れるものなのか?」という事。
「台風のせいで屋根から雨漏りが・・」「台風の後に雨樋・屋根材の落下が起きていた」というご相談はよく来ますが、そもそも屋根材が台風により割れてしまうのか分かりませんよね。


黒色のコロニアル屋根
台風後に屋根材が割れていたというご相談をよく聞くのはスレート屋根です。
今人気が出ている屋根材なのですが、これで主な原因として考えられるのは、施工時に工事を行う人が踏むことにより起こる踏み割れなどが原因の一つとして考えられるんです。


近くで見た黒色のスレート屋根
スレート屋根材は厚みが薄く、それに加えて安価な為に工事側の作業効率からしても依頼側の経済面からしても一見メリットが多いと思われます。
しかし、屋根材そのものの耐久性からしてみると瓦材や他の屋根材に比べて少々劣ってしまうんです・・。

これもあり、屋根を葺く際(取り付ける際)に作業員が屋根の上を歩く事により踏み割れが発生する事があり、年数の経過と共にひびが広がり、台風などの自然災害時に飛来物が当たる事により割れてしまう事もあります・・。

横から見た黒色のスレート屋根
台風後にスレート屋根材が複数枚割れていた場合、掛かる費用としましては、
約3万円+安全対策費で「約5万円」程になります。
修繕時に足場が必要かどうかは屋根によって変わってきますが、別途にて安全対策を行う事により、本来では20万円~30万円する足場の設置費用を掛けずに済むんです。

これは経済的にもお得ですし、加えてその後の屋根点検設備としても機能します。
スレート系屋根材は今の時代で人気を集めている屋根材ですが、耐久性が若干弱いというのがネックでもあります
もし台風後に屋根で複数の割れが見られた場合には私供「街の屋根やさん渋川店」にお気軽にお問い合わせ下さい
当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂き、お見積もりは無料でさせて頂いております
渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505