オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

新築の足場撤去時の屋根材の割れは少なくない問題です


工事を行っている住宅の周りに張られた飛散防止ネット
新築時の足場を撤去する時に起きてしまう屋根材の割れは少なくない問題です。
皆さんの中にはもう少しで待ちに待ったマイホームが手に入るという時に物がぶつかり、屋根材が割れてしまった・・なんて事を経験された方がいらっしゃると思います。
この問題は特に足場を撤去する際に多いケースであり、屋根以外でも外壁や雨樋を壊してしまったなど様々なタイプがあります。
古いベニヤ板を剥がした後の軒天
「屋根が割れているから直ぐに雨漏りしてしまうのでは?」「新しいお家が傷んだら大変・・」と多くの方が考えますよね。
新しくお家を建てるのはそう何度もあるわけではなく、不安で仕方がないと思います。


ルーフイング材を張っている作業員
しかし、最近のお家では屋根材・外壁材の下に防水紙(ルーフィング)と言われる水分を通さず頑丈な紙状の物が張られている為、屋根材や外壁材が割れたとしても直ぐに雨漏りに繋がる訳ではございません。

しかし、その防水紙(ルーフィングシート)も水分に晒され続ければ表面がすり減り、破れてしまいますので屋根材が割れた際は直ぐに直してもらいましょう。
放っておくと、そのうち雨水が防水紙を越えて屋根の下地に染みてしまいますので油断は禁物です。
分からない事や問題が起き心配している事があれば私供「街の屋根やさん渋川店」までお気軽にご相談下さい
当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂き、お見積もりは無料でさせて頂いております
渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505