オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

屋根の葺替えリフォームの仕方|渋川市の街の屋根やさん


傷んだ屋根
屋根の葺替えリフォームの仕方。渋川市の街の屋根やさんがご紹介します。屋根の劣化が酷い場合は屋根の葺替え工事になる場合が殆どです。下地まで傷んでいる場合は野地板の補強だけに留まらず、垂木の交換や補強と言ったケースも少なくありません。写真のようにここまで傷んでいる場合は酷く雨漏りもしているのではないでしょうか。
傷んだ屋根材が飛散して近隣の方とトラブルになってしまうことも考え、中々普段見えない部分ではありますが、定期的なメンテナンスで酷くなる前に修理したいものですね。

足場設置完了
屋根を葺き替える場合は、足場の設置を行います。屋根の工事は基本的に高所作業になり、安全性の確保のために足場は必要不可欠な工事にもなります。
費用面でも決して安くはなく施主様から理解の得られにくい工事ですが、作業員の安全面や近隣トラブルを防ぐ為にもご理解いただきたい工事となります。
屋根材の撤去
足場を架けたら、既存屋根材の撤去をします。基本的に、住みながらの工事となりますので天気や雨仕舞いなど考慮して屋根材を剥がしていきます。
長年の砂埃がたまっている場合が殆どですので、隣家が近い場合は、一番気を配る作業にもなります。
野地板工事
既存屋根材の撤去の後は、新しい野地板を古い野地板の上に増張りをしていきます。新しい野地板を上から貼ることで、下地の補強や、この上に貼る防水紙(ルーフィング)の穴あき防止にもなります。
ルーフィング貼り
野地板が貼り終えたら、防水紙〈ルーフィングシート)を貼っていきます。ココまでの工程が終わりますと、一先ず雨に降られても大丈夫になります。
ココまでが忙しいんですけどね・・
屋根材を張っている職人
防水紙(ルーフィングシート)を貼り終えると、新しい屋根材を葺いていきます。右の写真はジンカリウム鋼板のエコグラーニを葺いています。瓦から重さの軽い屋根材に替えることで耐震補強に繋がったりと、新しい屋根材に葺き替えると見た目だけでなく住まいの性能も向上させることが出来るんです。
葺き替え後の伊勢崎市K様邸
屋根材も様々な種類があり、メンテナンスやお住まいの屋根に合った材料など、ご自身で決めるのは中々難しいと思います。
そんなときは街の屋根やさん渋川店までお気軽にご相談下さい。些細なご質問等でもお気軽に聞いて下さいね。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505