オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

増え続ける屋根の問題から考える屋根の勾配について


ビニールの養生処理をした破損場所
増え続ける屋根の問題。
いつの時代でもお家そのものや住居者に悪影響を与える問題の一つですが、屋根の勾配というものもまた雨漏りなど屋根の問題を左右するものの一つなのです。


煙突が付いた住宅の屋根
屋根の勾配(こうばい)とはすなわち屋根の角度または傾斜の事。
屋根屋さんが使う専門用語では勾配が遅い勾配がのろいなどが職人の間で、意味は屋根面の角度がなだらかな事を言います




傾斜が無く平らな陸屋根
勾配がなだらかだと何が起きるのか?についてですが、ズバリ言ってしまうと、雨漏りのリスクが高くなります。
なだらかな屋根面では降水時の雨が流れる速度が遅くなる傾向にあります。
これにより、屋根材を傷めて老朽化など劣化が早まってしまい雨漏りに繋がる可能性が高くなってしまうのです

日本が誇る伝統ある茅葺屋根
現代と比べ、昔の茅葺屋根(かやぶきやね)などでは屋根の勾配(角度や傾斜)が急なものが多く、早い速度で水が流れ落ちていく為に屋根材を傷めず長持ちする屋根で有名でした

しかし、技術が発展し続けている現代では例え勾配がなだらかな屋根でも防水が可能になっておりますので、全ての屋根が悪い訳ではないのです。
勾配の無い平らな屋根の陸屋根(りくやね・ろくやね)でも防水施工をし、点検ややり替えを行う事で雨漏りを防ぐことが出来ます。

赤色のS型の洋風瓦
これから新築を建てる際、屋根の勾配は何度が好ましいのか?
少々難しい話になるのですが、
通常の「屋根の勾配の決め方」は建築基準法の日影規制道路規制双方に触れることが無い様に屋根を工事する屋根屋さんがお家を建てる敷地面積のギリギリのラインになる様に計算をし、決定する様にしております


この方法は土地の中で限界までお家を建てると決めた時に必要になります。
土地に余裕がある場合はこの様な方法はいりませんが、現代でも多くの方がこの方法で決めております。
屋根材の中には防水に関する都合で決まった角度が無いと施工が不可能なものもありますので加えてご注意を

お家の屋根の角度は屋根に精通する人でなければあまり気にされることがありません。
しかし、屋根の勾配(角度・傾斜)ごとにより雨漏りが起きやすいか起きにくいかが変わる事は確かなのです。

新築を考え、屋根の形についてご検討中の方、屋根リフォームで屋根の形を変えようと考えていらっしゃる方でもし屋根の勾配(角度・傾斜)の事で分からない事がございましたら私供「街の屋根やさん渋川店」までお気軽にご相談下さい

当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂き、お見積もりは無料でさせて頂いております
渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505