オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

雨樋清掃を屋根やさんがやった場合とDAYでやった場合の違い


黒色をした雨樋
雨樋清掃を屋根やさんがやった場合とDAYでやった場合の違いという事で、今回は落ち葉や砂が溜まっている雨樋を清掃する時、自分で清掃するのと業者にやってもらうのとそれぞれの場合での違いについてお伝えしていきたいと思います。

雨が降った際、屋根の至る所から水が流れ落ちてきたという体験をされた方がいらっしゃると思います。
服も濡れるし、傘をさしていても地面への雨の跳ね返りで汚れてしまったという話をよく聞きます。
この現象の多くは雨樋の中に落ち葉や土などの蓄積物が溜まり水をせき止めていたり、雨水を一時的に受け止めて外壁に伝う竪樋(たてどい)へと流す集水器が詰まっているのが原因となっています。
加えて、雨樋自体の劣化も原因の一つでもあるのです
ガルバニウム鋼板の雨樋
雨樋清掃を自分で行うと決めた場合、まずは屋根に梯子またはベランダから上がろうとする人がいらっしゃると思います。
ホウキ・塵取り・袋を持ち、屋根に上がるわけですが、屋根の上は高所で滑りやすいので落下にはくれぐれも注意して頂きたいのです



特に雨の日には足元がより滑りやすくなっている他、屋根の表面には砂埃が溜まっている場合がありますので滑ってしまいます。
加えて雨樋を清掃する際には汚れが取れず、力任せに掃き上げてしまうと雨樋の変形や外れなどを起こし、雨樋を傷つけてしまい劣化の原因にもなりますのでご自分で行う際はここも踏まえた上で作業をして下さい。

雨樋清掃に関しては確かに依頼をせずとも落下などの危険性に十分注意すれば出来なくもありません。
しかし、雨樋を傷つけたり、落下してしまうと自己責任になりますのでなるべく避けた方がいいでしょう・・
雨樋清掃をする作業員
雨樋清掃を業者に依頼した場合には費用が掛かります。
・・と言っても、屋根や外壁の修理などの様に高額にはなりません。
屋根屋さんでは例え雨樋清掃だけでも安全帯を付け、そして屋根の上を歩く際は屋根材を割ることが無い様に注意を払い、塵1つ残さず樋の中を綺麗に清掃させて頂きます。
清掃が終了した後は歩いた場所を綺麗に清掃し、屋根から降ります。

街の屋根やさん渋川店では雨樋清掃一回に付き「2000円から3000円」程で清掃を承っております。
ご要望とあれば屋根点検も同時に行うことが出来ますのでお気軽にどうぞ
高所に上がるのは怖いし落下しないか心配・・という方がいらっしゃいましたら私供「街の屋根やさん渋川店」にお気軽にお問い合わせ下さい
お客様の代わりに私達屋根やさんが隅々まで清掃させて頂きます

当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂き、お見積もりは無料でさせて頂いております
渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505