オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市街の屋根やさんがお伝えする艶のある瓦、釉薬瓦とは?


光沢が出ている瓦屋根
古くから屋根材として親しまれてきた瓦。その重厚感ある素材と和風によく合う見た目から昔は大抵瓦屋根が使われていました。
色々な屋根材が開発されてきた現在でも瓦を使った住宅を見かける事があります。

最近では見た目は瓦とあまり変わらず機能面や重量を軽量化した物も出てきています。
モチロン昔からある従来の瓦をそのまま残していく屋根の修繕の仕方や新しく瓦を施工するやり方など他にも様々な施工方法があります。
黒色のシックな感じの釉薬瓦
瓦屋根に使われている瓦はいぶし瓦が多いのですが、そんな数々の瓦屋根の中には、表面にがあり、また色が入っている瓦もあります。

この様な瓦は「釉薬瓦」と呼ばれていて、表面に「釉薬」(ゆうやくまたはうわすぐりとも呼ばれています)と呼ばれるガラス質の粘土や灰などを水にブレンドした液体を塗ってから瓦ならではの焼きの加工が行われています
これを塗ることで瓦の表面にガラス質の幕が張り、光沢が出ます。

ちなみにこの瓦は昔は釉薬瓦(ゆうやくがわら)という呼び名の他に瑠璃瓦(るりがわら)とも呼ばれていました
青色の爽やかな色付き釉薬瓦
釉薬瓦で出せる色は様々な物があり、赤褐色青緑色ウグイス色など様々な色を出すことが出来ます。
これにより瓦は銀色だけではなく、バリエーション豊かな様々な表情を出す事が出来るようになりました

たまにお寺や最近の住宅などでツートンの釉薬瓦を見掛けるときもあります

瓦でもオシャレな感じにすることが出来るんですね
釉薬瓦は様々な表情を出せるので現代でも受け入れられています。
太陽光などの光が当たることにより更に輝きを放つのでとても綺麗です。
最近でも色を変えたり装飾を加えたりして住宅に瓦が採用される事もあります。

お困りの事がありましたらどんなに些細な事でも構いません。是非街の屋根やさん渋川店にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505