オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

吉岡町にお住いの方へ、台風などの自然災害に備えた点検と補修(外壁編)


お家の壁(外壁)
皆さんこんにちは、街の屋根やさん渋川店です。

吉岡町にお住いの方へ今回お伝えしたいのが、家の外回りで気になる点の1つ、外壁の点検及び補修についてです。

今後台風や竜巻が来た場合に備えた外回りの環境の改善はとても重要になってきます


外壁と屋根の映った風景
家の外で一番気になる外壁。
家を形作るものであり、雨や風を防いで安全かつ快適に過ごすためにはなくてはならないものですよね・・。

この外壁にも経年劣化や自然災害などで劣化は起こり、外壁表面の亀裂(大小様々な大きさのもの)は、放置をしてしまうと、亀裂の広がり及び亀裂部からの雨水の侵入が懸念され、内部の下地の腐食や室内への雨染みも起こります。

風などで飛んできた飛散物などが当たれば場合によっては破損・欠落の恐れも・・
壊れた外壁と寸法
一般的には亀裂の補修はコーキングと呼ばれる合成ゴム製の充填剤を注入する事により、補修が行われますが、中には規模が大きく、欠損や破損などで補修も効かない場合には外壁そのものをリフォームする必要性も出てきます。

外壁の解体及びやり換えをする事になった場合には多少、費用が大きくなってしまいますが、補修程度で済む場合には解体からのやり換えよりもコストを抑えられることが出来ますので、ここはよく抑えておいた方が良いでしょう・・
サイディングの隙間に打たれたコーキング剤
雨風の侵入を防ぐものの二つ目であるコーキング部分。

一般的にコーキングとは合成ゴム製の充填剤の事を指し、主に外壁の場合では、壁同士の重なり部分を埋め、隙間をなくす為のものであります。
コーキング剤を打つ前は発泡スチロール製の細いクッション材を入れるのが基本的です

施工後から日が経ち、触ると、少し弾力を感じ取れる物ですが、時間が経過していない注入後ではまだ柔らかく固まっていませんので、触ってはいけません
(↑この注意点に関しましては、施工をしてくれた業者側から必ず説明があります)
ひび割れが生じたコーキング部分
しかし、このコーキングも施工をしてから年数が経ち始めると次第に劣化が起き、始めは小さい亀裂から、そして段々とひび割れが広がっていき、効果が薄くなってきてしまいます

酷い場合にはコーキング剤が取れて無くなってしまい、中のクッション材が露出してしまっているモノもあり、表面にコーキング剤が無く、クッション材だけでは雨水を防げず、外壁内部まで浸透してしまいます・・
ひび割れてしまったコーキング
コーキング部分の補修に関しては、まず最初に古い劣化したコーキング剤を取り除くと共に下のクッション材も取り除きます。

十分に溝の中のゴミや塵を払った後、プライマーと呼ばれる液剤(分かり易く言うと接着剤の様な物です)を塗り、コーキングを施します。
墓の場所でのコーキング工事は場合によってはそのままコーキング剤を注入するところもありますが、先にプライマーを塗っておくとコーキング剤が張り付き、剥がれにくくなるので、基本的に塗った後に行います
費用に関しましては施工箇所の面積や数によって変わってきます。

台風や竜巻に備え、補修や張替えは重要になってくるもので、災害が多発する地域では年数が随分と経ち、亀裂だけではなく、破損や欠損も見られた場合には張替えも検討した方がいいかもしれません。
安心してこれからも過ごしていくために、この機会に点検や補修、張替えをご検討されてみては如何でしょうか?

もし、「住居の事で困っていることがある」、「屋根や外壁の事をもっとよく知りたい」とお考えの方がいらっしゃいましたら、お気軽に私供「街の屋根やさん渋川店」にご相談ください

お見積もりは無料でさせて頂いており、当日や近日など早く来てほしい場合でももちろん対応させて頂きます
渋川市・沼田市・東吾妻町・高崎市・中之条町など渋川市,中部地域を中心に群馬県全域が対応エリアとなっております。 
その他の地域の方もお気軽にご相談ください

県外の方でもお気軽にお問い合わせ下さい

いち早くお伺いさせて頂きます

同じ地域の施工事例

施工事例

吉岡町にて雨漏りの原因発覚!板金接合部劣化による雨漏り

掃き出しの天井を開口した部分
雨漏り修繕完了
工事内容
その他の工事
使用素材
ベニヤ板(化粧材)・ノブチ(化粧材)
築年数
30年
建坪
25坪
保証
3年
工事費用
2000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505