オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市内でも時折見かける間違ったラバーロック工法を使った瓦屋根


ラバーロック工法で付けられた瓦
渋川市内でも時折見かける間違ったラバーロック工法を使った瓦屋根。
私供渋川店は高崎市や伊勢崎市にお伺いさせて頂く機会があるのですが、瓦屋根でラバーロック工法を行ったお家を見かけます。

街の屋根やさんではラバーロック工法はごく稀の使わなければならない時を除き、あまり行わないのです。

専用の道具に装てんされた筒状のコーキング剤
ラバーロック工法とは、瓦屋根によく使われている屋根材ズレ防止の施工方法の事を言い、コーキング剤といういわゆる接着剤の様な物を瓦に添付する事を言います。

一度付けたら何十年もその手を放さないという事で、一見耐震面で有効な物の様に見えますが、基本メリットよりもデメリットの方が多い工法なのです・・。

とはいっても、デメリットが多くなるのは、間違った施工方法の場合であり、正しい施工方法・知識を持った上で行うラバーロック工法は決して悪いものでは無いんです。

      (写真は一般的なコーキングの例になります)
瓦屋根の住宅
間違った方法で瓦屋根にラバーロックを施してしまうとどうなるかと言いますと、大きなもので2つのデメリットが生じます。

1つは瓦材の特徴ともいえる再利用が出来なくなる事・・。
コーキング剤を1枚の瓦に対して全方位にベットリと塗るわけですので、まず取り外しが不可能になってしまい、1枚だけの修繕なら交換することが出来るという特性を消してしまいます。

加えて経年劣化時にはコーキングをした部分が汚れて表面の見栄えを悪いものにしてしまうので間違ったラバーロック工法は不利益しか被らないのです

降りしきる雨
雨漏りの危険性ですが、屋根というものは基本水を完全に防ぐ物ではありません。

普通の状態ならば屋根材の下に雨水が入っても瓦の下から排出される様になっていて、
瓦下に雨水やそれによる湿気が溜まるのを防ぐことが出来ます。


しかし、ラバーロック工法を使い1枚の瓦に対して上下左右を塗ってしまった場合には排出する場所も全部埋めてしまうわけですので当然ながら雨水が入り込んでも排出されずにそのまま残り、雨漏りの原因になるだけでなく次の湿気を呼び込んでしまう可能性があるのです


ここまでのお話では如何にもラバーロック工法は悪いものだと決めつけるような印象を受けてしまい、「怖い・・」「絶対に利用はしない」と思わせてしまうかもしれませんが、訂正致します。

ラバーロック工法は正しい施工方法・十分な知識を用いた上でなら有効なのです。

ラバーロック工法の特性は、「瓦のめくれやズレを抑制出来る」事。
これがどういう事かと言うと、例えば地震などが多く頻繁に大きな揺れが起きる地域では強力な保持力を持つラバーロック工法によりズレや捲れの心配が軽減されます
(とは言ってもも降るので、間違った施工の仕方の様に全体に施してはNGですが・・)

正しいラバーロック工法のメリットはもう1つあり、それは「建て替えまでの間の一時しのぎが出来る」事。
近いうちに建て替えを予定しているものの、今までの屋根がズレや割れで地震や強風でも起こったら間違いなく落ちるだろうと不安になりますよね・・
そんな時にラバーロック工法が有効で、建て替えをする当日までお家を持たせることが出来ます

とは言ってもあくまで一時しのぎ。
応急処置であることをお忘れなく・・。

「瓦屋根に白いものが付けられているからもしかしたらラバーロックかも・・」「以前ラバーロックを行って、雨漏りが酷くなっている」等お気づきになられたことがございましたらお気軽に街の屋根やさん渋川店までご相談下さい

お見積もりは無料でさせて頂いており、当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂いております

渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505