オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

お家を守る上でも見た目でも気になってしまうボロボロになった軒天


古くなった軒天
お家を守る上でも全体の外観面でも気になってしまう経年劣化によりボロボロになってしまった軒天。
ベニヤ・ボードと住宅によって使われている資材が異なるのですが、どちらも経年劣化による問題は避けられません。

夏になりニュースでは台風による問題が頻繁に伝えられていますよね。
強風や激しい雨を連れてくる台風が起きた場合、身の回りの安全と共に今住んでいる住居の事も心配になってきます。
IMG_7811-simple
屋根の棟先の裏に張られている軒天井。
住宅によってベニヤが使われていたりボードが使われていたりと様々なケースがあります。

軒天井が担っている役目は主に吹き付けの雨が降った際に雨水が侵入するのを防ぐ事、強風時の風の侵入防止、火災が起きた際の屋根への火の移りを防止するという
「防水」・「防風」・「防火」性能を持っています
古いベニヤ板を剥がした後の軒天
お家を守る上そして長持ちさせるためで欠かせない機能を持っている軒天井ですが、お家を建ててから毎日吹き付けの雨や強風を浴び続け、塗装面が劣化して保護をするものが無くなり、ひび割れや破損欠損、腐食が起き始めて終いには欠損や剥がれ、それによる落下が起きてしまいます

よく人が住まなくなってしまったお家では至る所で軒天井が剥がれ落ちている光景を目にします。
定期的な点検を行わないとこの様な状態になりやすいのです。
ケイカル板を打っている作業員
劣化時の主な対処法としましては、一部分だけ剥がれ落ちている場合はその部分の軒天井を剥がして下地の交換(状態による)や新規で下地を取り付けて補修が可能です。

その時に剥がした部分から他の場所の状態の確認も行うのですが、雨や湿気により黒ずみやカビなどの腐食が起きている場合ですと後々に問題が起きてしまい、雨漏りにも繋がってしまいますので可能な場合は補強もしくは交換をしておいた方がベストです

塗装を行っているものと塗装を行っていないものと軒天井は住宅によって分かれる事がありますが、小まめに管理され、塗装面がひび割れや塗装剥げ等で済んでいる場合には再塗装で済むケースもあります。

一部分に穴が空いている、軒天が剥がれているなどでお困りの方がいらっしゃいましたら私供「街の屋根やさん渋川店」にお気軽にご相談下さい
軒天井は吹き付けの雨や強風、屋根への火災の飛び火を防ぐ為に必要なものです。
劣化した状態が続けば浸入した雨水が伝わり雨漏りに繋がる事もございますのでなるべく早めに対処する事をお勧めいたします。

お見積もりは無料でさせて頂いており当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂いております
渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505