オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

夏の大雨にはご注意。雨漏り以外で気になる雨樋の劣化について


遠方で雲が垂れ下がり、大雨になっている様子
夏の大雨には注意が必要になります。
雨漏りによるご相談はよくあるのですが、屋根や外壁、室内以外で確認して頂きたいのが雨樋の状態です。雨樋でも部材にひび割れや破損欠損は起こり、それと共に金具の錆やねじの緩みなども問題視されてきます。

降水時になり、お家の事を考えるとどうしても雨漏りに関連する屋根や外壁に目が行きやすくなるので雨樋に関しては軽視しがちになってしまいますよね・・。

屋根や外壁は安心した暮らしを送る上で大切なものですので心配になるのは決して悪い事ではありません。
ですが、雨樋も屋根の上に溜まった雨水を他所に漏らさない様にするための大切な場所の一つですので屋根や外壁と共に気にかけてほしいのです
夏の入道雲
さて、今年も八月に入り本格的な熱気が外を覆っております。(今年は今までの比ではないの暑さとなっておりますが・・)

暑さと共にこの時期には天候が崩れる頻度が多くなり、お家の事で心配になる方が多くなっているようです。

強烈な雨や風を伴う日も多くなるという事で、特に築年数が経っているお家などでは屋根や外壁など他にも様々な場所に調査、そして補修ややり替えなどの対策が必要になってきます。

屋根の端に付けられた黒色の雨樋
「雨が屋根下にて至る所からポタポタと落ちている・・」、「溜まった雨水が当たった・・」等の経験をされた方がいらっしゃると思います。

その時、「今日はバケツをひっくり返した様な雨だからこういう事が起きているんだ」と思われた事があると思います。

確かに大量の降水量であれば例え不具合が無い雨樋が付いていても、オーバーフローという雨樋を超えて雨水が落ちてきてしまう事もよくあります
雨樋から流れ落ちる大雨
ですが、原因はそれだけではありません。

取り付けてから長い年数が経過している雨樋、そして昨年の大雪時にかなりの雪が積もってしまった雨樋等では雪による樋の変形や年数経過による金具の腐食やネジの緩み、本体へのひび割れや破損欠損等も要因の一つと言えるのです

例えば普段の日に少し風に仰がれただけでグラグラと雨樋が揺れていたり、下から空が見える程の穴や亀裂が開いている様な状態で雨が降れば雨樋からの漏れや落水も起こるんです
雨樋に空が見れるほどの穴が空いてしまっている・・、風でグラグラと揺れているなど他にも雨樋でお悩みの事がありましたら私供「街の屋根やさん渋川店」までお気軽にご相談下さい

お見積もりは無料でさせて頂いており、当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂きます

渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505