オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

みなかみ町にて雨漏りによる現場調査を行ってきました


みなかみ町の現場
今回お伺いさせて頂いたのは、新雪が積もった雪景色が綺麗な「みなかみ町」。
お客様から「屋根に雨漏りが起きているから見に来てほしい」とのご相談を受け、お伺いさせて頂きました



雪が積もった屋根の上
建物の近くでは雪が積もっており、梯子を掛けて屋根の上に上がらせてもらうと、屋根の上にも雪がびっしりと積もっていました

足元が凍っており、滑るので気を付けながら早速調査を行っていきます。
コーキング剤がヒビ割れを起こしている箇所
まず最初に目に付いたのは、至る所に発生しているコーキング剤のひび割れです。

経年劣化によるものか、コーキングがしてある部分のほぼ全ての場所で割れが起きていました。

これでは雨が吹き付けた場合や、積もった雪が溶け、垂れてきた雫が入り、室内の様々な所で雨漏りが起きてしまいます。

室内では既に雨漏りが発生していて、人も多く来る所なのでお客様としましては早く対処して欲しいとの事でした。
二階の外の壁
下に取り付けられている板金から上の屋根下までの高さを測りました。

他にも各所の寸法も図り、お客様との打ち合わせの時に使わせて頂きます。
気温低下により発生したヒビ割れ
1階に降り、1階の様子も確認します。
こちらは1階の壁材にヒビが入っている状態です。

真横に大きくヒビが入り、表面だけではなく、内部も割れている為、雨が降った際や雪解け水が滴った場合には中に入ってしまい、壁材だけではなく、室内側の下地まで腐らせてしまう為、早急な対応が必要です。

「コメント」こういった症状の場合の対応策は、プライマーと呼ばれる塗料が付きやすくするための「接着剤の様な物」を塗り、コーキング剤(合成ゴム製の液状の物)を使って隙間を埋めます。
壁に穴が開いてしまった状態
こちらも1階になり、壁材に大きな穴が空いてしまっている状態です。

これではもう雨水や雪解け水が染みるどころか直に入ってしまってもおかしくない状態です。
直に雨水や雪解け水が入るという事は、すなわち下地に使われている木材や鉄筋が普通よりも倍に劣化する速度が早まるというもの・・。

とにかく早急な対処が必要です。

「コメント」対応策としましては、穴の部分を真四角に切り取り、腐食した下地の交換をした後に穴の部分に下地を入れ、同じ壁材で塞ぐという工事になります。

壊れた外壁と寸法
壁に使われている壁材は、「へーベルパワーボード」という壁材で、耐久性・耐火性・遮音性・断熱性・防災性というあらゆる面での耐性を持った壁材を使用してありました。

しかし・・、この12月特有の低い気温と雪から発生する冷気が合わさってしまい、壁材が劣化してしまっていました。

「コメント」ちなみにこの空いてしまった穴は近くで見ると結構大きい穴で、遠くからでも見えてしまい、穴の下には崩れてしまったと思われる壁材の破片が散乱していました。
二階の屋根上の風景
今回の現場調査はこれにて終了です。

調査を終えてみて改めて思ったのは、トラブルが起きている場所がかなり多い事。
そして、その問題の原因の1つがこの地域の気温の低さによる事。

これらを踏まえた上で問題を解決していきたいと思います。

お客さまに調査結果を報告したところ、お客様も問題の多さに驚いていらっしゃいました・・。
早急に解決し、お客様の笑顔を取り戻せるように全力で当たらせて頂きたいと思います。

同じ地域の施工事例

施工事例

波板屋根のコーキング補修・ビスの止め直し工事|みなかみ町

ビスが抜けてしまった施工前の風景
ビスを止めなおした施工後
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
コーキング剤、波板ビス
築年数
建坪
保証
一年
工事費用
施工事例

倉庫のスレート・トタン波板屋根張替え|みなかみ町

屋根材を剥がした張り替える前の風景
新しい波板を張った施工完了後の風景
工事内容
その他の工事
使用素材
波板屋根材
築年数
建坪
保証
一年
工事費用
施工事例

みなかみ町にて棟瓦と漆喰の取り直しを行いました

取り直し前の棟瓦
綺麗な状態の棟瓦
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
漆喰(防水性「なんばん」)、瓦(不足分×1)、コーキング材(黒)、銅線(複)
築年数
30年
建坪
保証
2年
工事費用
16万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505