オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

伊勢崎市にお住いの方へお伝えしたい、家を建てる際に良い屋根材とは何か?


黒色の屋根
皆さんこんにちは、街の屋根やさん渋川店です。

人がよく行きかう場所でもある伊勢崎市。
その伊勢崎市にお住いの方の中で、これから新築を建てる予定がある方、また家を建てたはいいものの経った数年程しかたっていないにも関わらず既に屋根がボロボロという経験をされている方へお伝えしたいのが、最初にお家を建てる際に注目して頂きたい屋根材です。
銀色に光るいぶし瓦
それはいったい何なのか?
ズバリ瓦屋根なのです。

「瓦?あの重くて和風にしか合わなそうな屋根材のどこがいいの?」、「地震の時に落ちたら危ないあの屋根材か?」と大半の方は言います。

実は瓦は新築を建てる時にお勧めな屋根材の一つでもあるんです。
綺麗な状態の棟瓦
何故瓦がお勧めなのかと言いますと、瓦のメリットとしては定期的なメンテナンスの少なさにあります。

瓦は最初の取り付け時に良い施工がされていれば基本的に10年に1回の点検、10年目に定期点検、30年目に補修、60年目に再利用可能な瓦で葺き直し(ふきなおし)や締め直しを行うだけでいいのです。
雪害により崩れてしまった瓦屋根の棟部分
「メンテナンスが少ない事は分かったが、過去の地震で崩れたりしている数々の瓦屋根はどう説明するつもりなの?」とおっしゃりたい方がいると思います。

これに関しては、瓦屋根を施工した当時の業者さんにも怒られそうなのですが、はっきり言ってしまいますと、その瓦屋根が地震に弱いのは施工の仕方が地震に弱いやり方にしているからなんです。

漆喰の量や下地の状況、瓦の積み方から棟の部分を纏めている銅線の締め具合等も耐震性に大きな差を与えているんです。
設計図・住居の模型・電卓が置かれたデスクの上
加えて紹介したいのはお家を建ててから掛かる費用の事。

皆さんは日本の現代のお家の寿命はどのくらいかご存知ですか?
今から言うことは少しショックを与えてしまうかと思いますが、今の時代のお家の寿命は約「30年」程。
30年経った後に一番状態が悪くなってしまうのは、カラーベスト・コンクリ瓦などのセメント系の屋根材。

実は残念なことに、今人気のコロニアル屋根もその一つなんです。




今流行りのコロニアル屋根。
安さと誰でも施工できる便利さから新しくお家を建てる人たちからは大変人気だそうで、ご自宅の屋根をコロニアルにしてしまう方が多いようです。

ご自宅の屋根をコロニアルの屋根にしてしまった場合、夢にまで見た素敵なマイホームは30年後、ボロボロになってしまいます。

その場合の多くが時代の流れに乗って決めてしまったコロニアル屋根によるものなのです。

瓦屋根とコロニアル屋根とでは家が出来てからの費用での差が大きく変わります。

コロニアル屋根では15年後に塗装費用「30万」、足場費用「20万」=「50万」が掛かり、
30年後には葺き替え費用「50万」、下地補強・ごみ処理費用「25万」、足場費用「20万」=「120万」もの費用が掛かってしまいます。
いくら当時に安い費用で抑えても後からこんなに掛かってしまうとかなりの痛手ですよね・・。(初期費用「50万」を含めるとおよそ200万・・、大赤字です。)

変わって瓦屋根。
10年目「5万」、20年目「5万」、30年目「10万」となります。

「あれ?こんなに安くなるの?」と思うでしょうが、はい、安く抑えることが出来るのです
近くで見た黒色の瓦
お次は現状ではメンテナンス性よりもどうしても気になってしまう見た目の問題・・

そう、現代の人の傾向からすると、瓦の屋根はどうしても「和」のイメージが強いかと思います。
「建てようと思っている我が家は現代風で洋風な感じにしたいから瓦は厳しいな・・」、「お寺のイメージがありそう」と考えられている方が多いとは思います。

ですが、瓦は何も和風だけに合うものではないんです。

日本は昔から瓦屋根にするお家が多く、どれも和風なお家にする事が多かったせいか、「和風しか合わせられない瓦屋根」という間違った認識が生まれてしまったのが原因ですね・・。

一言に瓦と言うと誰しも黒色や銀色の波の様なものを思い浮かべると思いますが、近年では技術が発展して平瓦や洋風な瓦が作られるようになりました。

もちろん皆さんご存知の日本の瓦も合わせられます。
この様に瓦屋根の方が経済的にも優しく、それに加えてメンテナンスの少なさや耐久性の高さが良い所なのです

また、最近では瓦本来の良さを残して軽量化した瓦材も出てくるようになり、瓦屋根に対してより一層期待が高まります。

もし、家を建てる際で屋根材について詳しく知りたい方や点検をしたい方、その他にもお困りの方がいらっしゃいましたら私供「街の屋根やさん渋川店」にお気軽にご相談下さい

お見積もりは無料でさせて頂いており、近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂いております
渋川市・沼田市・東吾妻町・高崎市・中之条町など渋川市,中部地域を中心に群馬県全域が対応エリアとなっております。 
その他の地域の方もお気軽にご相談ください

県外の方でもお気軽にお問い合わせ下さい

いち早くお伺いさせて頂きます

同じ地域の施工事例

施工事例

伊勢崎市にて瓦屋根から軽くて防災性能に優れたエコグラ―ニに葺き替えをしました

瓦屋根
施工後の伊勢崎市のご施主様邸
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
エコグラ―ニ、ルーフィング材(ガムロン)
築年数
40年
建坪
61坪
保証
メーカー保証30年
工事費用
350万円
施工事例

伊勢崎市赤堀町|快適便利なテラス屋根「スピーネ」の取付けを行いました

庇が付いていない窓上
テラス屋根が付いた施工後
工事内容
その他の工事
使用素材
リクシル/スピーネ「熱線吸収ポリカ」
築年数
1年
建坪
17坪
保証
1年
工事費用
15万円
施工事例

伊勢崎市にてアスファルトシングルを使用し新築屋根葺き工事をしました

屋根葺き工事施行前の写真
屋根葺き工事完工後の写真
工事内容
その他の工事
使用素材
オークリッジプロ30(カラー/エステートグレー)、リッジロール(換気部材)
築年数
新築
建坪
保証
10年
工事費用
60万(足場費用は別途)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505