オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

前橋市で瓦の割付勉強会に行ってきました


瓦を屋根屋さん達が見る
私、荒井ですが群馬県の建築士会に個人的にですが加盟しておりまして、
建築士会の方で、
群馬県屋根瓦工事連合会青年部の方に来ていただき
瓦の割付勉強会に参加してきました。

瓦の種類
使用された瓦は三州瓦です。
瓦は場所によって瓦の形や名前も変わってきます。
屋根に向かって、
左袖瓦があり、中間は桟瓦、そして一番右が右袖瓦となります。

瓦にも働き寸法が決まっており、
桁行方向と流れ方向では働き寸法が違います。
講習会風景
瓦の働き寸法が決まっていると言う事は
屋根の下地も、
瓦の割付を考えた寸法にしなくてはいけないと言う事になります。

瓦の割付をした時に、野地の下地寸法が悪いと
瓦を切って調整をしなくてはいけないことになります。

瓦には重なり部分に水返しというものが付いており、
そこを切ってしまうことになり、
雨漏りを誘因する原因にもなってしまいます。
また、幅の狭い小さな瓦が入ってしまうと
見た目もよくありません。

屋根の下地寸法を決めるのはお客様ではなく
建築会社が殆どだと思いますが、
頭の片隅にでも置いておいて屋根を眺めるのも
面白いかと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505