オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

荒れる夏の気候で飛散の危険性がある古い波板について


床に置かれた黒色のポリカーボネード
荒れる夏の気候で飛散の危険性がある古い波板について今回はご紹介していこうと思います。

皆さんは波板についてご存知でしょうか?
分かりやすくお伝えすると、ベランダやテラス、倉庫などの屋根に使われている表面が波の様にうねっている部材の事を言います。
従来では塩化ビニール波板という波板がよく使われ、値段が控え目な事に加え、扱いが手軽というのが特徴でした。

しかし、耐久性に劣ってしまうので年数が経つと表面の変色と共に亀裂や破損欠損が目立つのが難点でもあります
ポリカーボネードの端の部分
今の時代では従来の波板に比べて耐久性や対変色性、控え目な価格という事で人気なポリカーボネート波板が多く使われる様になってきましたが、対応年数よりも長く時間が経過してしまうと劣化は起きてしまうようです

渋川店でも劣化しやすい塩化ビニール波板もそうなのですが、それ以外にポリカーボネート波板の劣化によるご相談もよくお受けするんです。
長い時間をかけて変色してしまった波板屋根材
波板の劣化による問題で多く挙げられるのは雨漏りと飛散。

「雨漏り」は波板に出来た亀裂や穴により雨水が侵入しやすくなり、下に置いてあるものを濡らしてしまいます

「飛散」に関しては波板専用の波板ビスの錆浮き抜けなどにより強風時に飛散してしまう事です。

雨漏りでは生活スペースに影響を与え、飛散では自分たちだけでなく他の人へも被害を与えてしまうので油断はできません。
この季節は通常よりも天候が荒れやすい季節。
夕立や台風などの災害に備えて今のうちに調査をし、必要であれば補修や交換を行う事をお勧めいたします

街の屋根やさん渋川店では屋根や外壁工事をメインに、波板の補修・交換など他にも幅広く対応させて頂きております。
お見積もりは無料でさせて頂いており、当日や近日など早く来て欲しい場合でも勿論対応させて頂きます

渋川店の対応エリアは渋川市を中心とし、幅広く対応させて頂いております

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505