オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市屋根やより、人気だったアーバニ―グラッサの欠点について


発売当初、アーバニ―グラッサはカラーベストシリーズの最上級グレードと言われていて、コロニアル屋根材よりも価格が安く、人気がありました・・。

しかし、語尾に「グラッサ」と付く屋根材には共通の問題点があります。
それは一貫して割れやすい事です。
何故割れやすいというと、まず点検の為に屋根に上がるとパキッ・・という不吉な音がします。

この屋根材にして数年・数十年と築年数が経ち、お住いのお客様が「屋根は大丈夫だろうか?」と暫く見ていない屋根を覗いてみると、グラッサ系の大抵の屋根がヒビ割れを起こしていたり、既に割れていたりします。



目の前の惨状を見てお客様の多くは唖然とし、不安になります。
グラッサ系の屋根材にしたお客様はまだ問題が起きておらず、人気があった時代にその屋根に決めたお客様が殆どです。

確かに薄さからしても、質量からしても軽量でいいと最初は誰しも思いますが、それとは裏腹に軽さを重視し過ぎてしまい、耐久面がおろそかになっているのです。
グラッサ系の屋根材にしたお客様の多くは初めに営業の方からこういった言葉を言われた覚えはありませんでしょうか?

「この屋根材は数年おきの塗装などで長持ちする」、「作業効率が良く、工事の期間が長くならない」、「撤去にかかる費用が無くて廃材費用もかからない」などなど・・。

当時はその価格の安さからグラッサ系の屋根材を選ぶ方が多く、人気だったグラッサ系の屋根材も年が経過するのにつれ段々と問題が生じてしまいました。

大手ハウスメーカーの方々も人気のあるグラッサ系の屋根材を扱ってましたが問題が多すぎた為か扱うのを止めた業者さんが多く、問題が起き、問い合わせをしても既に会社が無くなっていた事もあったようです。

グラッサ系の屋根材にして、経年劣化によるひび割れや欠損が出てきた場合の対応策としましては、屋根塗装はまずお勧めはしません・・というよりまずグラッサ系の屋根材は塗装が出来ない屋根材が殆どなのです・・。
何故なら、屋根塗装をするにはまず最初に既存の屋根の汚れを高圧洗浄機(屋根や外壁の汚れを落とす専用の機械←市販の物もありますが、業者さんが使っている物の方が安心です)を使い落とさなくてはなりません。

・・しかし、高圧洗浄機をグラッサ系の屋根材に当てようものならまず屋根材そのものがボロボロになります・・。



そうです、この屋根材は打たれ弱いんです。

耐久面が低いこの屋根材。ただでさえ少し重い物が当たったり人が歩いただけでも割れたり、パキッ・・と鳴る屋根材が高い圧が掛かった水を受けたら一溜りもありません・・(汗)。

一発でボロボロになると思います・・。
なのでグラッサ系の屋根にした家にお住いのお客様には屋根の葺き替え(ふきかえ←意味は古い屋根材を一度全て取り払い、新しく材質の違った屋根材、または同じ屋根材でも新しい物に変える事)をお勧めします。

「幾らかかるか心配・・。」「悪い業者さんに捕まったらどうしよう・・。」といった事でお悩みのお客様はこの機会に街の屋根屋さんにご相談されてみては如何でしょうか?

お困りの事がありましたらどんなに些細な事でも構いません。是非街の屋根やさん渋川店にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505