オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

急な大雨に備えた雨樋の点検、修理について紹介します


雨樋から落ちる雨水
こんにちは、「街の屋根やさん渋川店」です。
8月の雨続きだった時期とは違い、風は強いものの、晴天が続いたりするこの時期。
晴れの日が続くと気が緩み、洗濯物を干したり換気の為に窓を開けたまま出かけたりする人がいますよね。

しかし、そんな時に限って突然の大雨・・。
慌てて自宅に戻ったりする人がいらっしゃる中でそれと共に注意して頂きたいのが雨樋の状態になります。

水を一時的に溜める役割を持つ箱樋
住宅の他の部位でも経年劣化するように雨樋も施工してから年数が経つとどうしても劣化による変形やひび割れ、欠損などの不具合が生じてきます

地上から雨樋の状態が確認できる場合もあれば、家の二階など地上から確認する事が出来ない物まで様々なケースがある雨樋は、雨などの降水時には屋根に降った雨水を地面に逃す重要な役目を担っています
雨で濡れた青色の傘
主に雨樋の排水不良が原因で起こる問題というと、分かり易い例では雨樋を設置しているが、色んな箇所から滝の様に雨水が降り注いでいたりするのが分かり易いと思います。

準備を整え、傘を持って外へ出たとしてもびしょぬれになり、また家の中へと舞い戻るなんてこともありますよね

角型の雨樋(ブラック)
そんな時にやって頂きたいのが雨樋の点検になります。

比較的地上に近い場所(一階など)に設置されている雨樋は下からでもどこに異常があるのか確認することが出来たり、脚立を使えば上からでも確認は可能です。

・・しかし、雨樋がある位置が二階などの高所にあった場合ですと下からではまず様子を伺えません。

無理をして自分で登って確認しようとすると転落など大怪我に繋がる可能性もあるので危険です
この様な場合には、まず屋根やさんなどに依頼をし、点検を行ってもらった方が得策です。
点検をしてもらうと、雨樋の詰まりやひび割れ、欠損などの現在の様子を詳しく知ることが出来、その上で打ち合わせをし、修理など次の段階に移ります。

放置をしておくと雨水の漏れなどでは済まなくなるケースが殆どで、事態もより悪化してしまいます。
最悪の場合には雨樋の外れからくる落下等も考えられますので早めに考えておいた方がいいかもしれません。


「事態が悪化する前に何とかしたい」、「手を打ちたいけれど、どの業者に依頼をしたらいいのか分からない」などでお困りの様でしたら私供「街の屋根やさん渋川店」にご相談下さい。

お見積もりは無料でさせて頂き、お客様の抱えるご不安を解消出来る様に全力を尽くさせて頂きます

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505