オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

渋川市の雨の多さで考える重要な防水紙(ルーフィング)とは?

防水紙を貼る前の屋根下地
こちらが防水紙(ルーフィング)を貼る前の施工前の写真になります。

屋根下地(屋根材を敷く際の基礎となる部分)を張り終え、屋根の原型が出来上がっています。

この後に屋根材を張る前の下準備と防水対策として防水紙(ルーフィング)を貼っていきます。
屋根一面に敷かれたルーフィング材
防水紙(ルーフィング)を貼り終えた写真になります。
まんべんなく防水紙(ルーフィング)をタッカー(機械版のホッチキス)を使い打ち付けてあります。

防水紙(ルーフィング)を貼る事により屋根に防水機能が付加され、屋根材が防ぎきれなかった雨水が下の屋根下地(屋根材を貼る前の基礎となる部分)に染み込むのを防ぎます。
基本的に屋根材を敷く前にこの状態にする事が一般的となっております。

これで雨水対策は一安心ですね♪
  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら渋川店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
03-3779-1505