オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

前橋市で瓦屋根のお家にお住いの方、瓦を支える漆喰の状態は大丈夫でしょうか?


いぶし瓦を使った住宅
皆さんこんにちは、街の屋根やさん渋川店です。

新築が多く立ち並ぶ様になった前橋市。そんな前橋市でも街中を歩くと、昔ながらの風情ある瓦屋根のお家を目にする事があります。

しかし、瓦屋根のお家にお住いのお客様の中には、雨漏りで頭を抱えていらっしゃる方もいらっしゃると思います。
瓦屋根の棟部分
瓦屋根で、雨漏りに繋がる症状例は色々な物がありますが、その中でも特に多かったのは、「瓦の漆喰(しっくい)の経年劣化による崩れ及び欠損」になります

この漆喰は、屋根では主に瓦の目地や棟(むね)の部分に使われるのですが、毎日風や雨、太陽の熱い日差しに照らされる為、時が経つにつれてヒビなどが少しづつ入り、苔の発生や雨の影響で、耐久性が落ちたり、少しづつ流されたりしているので、結果的に崩れや欠損に繋がってしまうのです


瓦屋根の住宅
実際にお伺いさせてもらったりもしているのですが、状態に差はあれど、漆喰の崩れや欠損が多く見られる機会が多かったです。

症状としては漆喰が少なくなったり無くなってしまったりした場合にそこから雨水が侵入し、防水シートの破れなどの劣化を引き起こし、その下にある下地を腐食させて雨漏りに繋がってしまった例が多いのです

IMG_6726-simple
対応策としましては、まず最初に業者さんに頼み、点検をしてもらいます。

「補修」をすれば済む場合や、一度古い漆喰を取り除いて新しく漆喰を施す「漆喰の取り直し」など状態によって対処の仕方は変わってきます。

漆喰「なんばん」
ここで、漆喰のご説明をさせて頂きます。

漆喰(しっくい)とは、昔から使われてきた、壁や天井に使われたり、瓦屋根の目地や棟瓦(呼び名は「むねがわら」で、屋根の頂上に位置する場所の事を言います。ちなみに他の屋根でもその部分は「屋根の棟」と呼ばれています)の土台に使われている壁塗材で、昔と今では作り方や材料が変わってはいますが、今でも瓦屋根にする住宅などで活躍しています
前橋市にお住いで、瓦屋根のお家にお住いの方、そして瓦屋根で最近雨漏りがするようになった方はこの機会に点検をされてみては如何でしょうか?

早く来てほしい、詳しく説明して欲しいとお考えをお持ちの方、その他の方もどうぞお気軽に私供「街の屋根やさん渋川店」にご相談下さい。

お見積もりは無料でさせて頂いております
渋川市・沼田市・東吾妻町・高崎市・中之条町など渋川市,中部地域を中心に群馬県全域が対応エリアとなっております。 
その他の地域の方もお気軽にご相談ください

県外の方でもお気軽にお問い合わせ下さい

いち早くお伺いさせて頂きます

同じ地域の施工事例

施工事例

前橋市にてコロニアル屋根の屋根塗装の経年劣化による再塗装工事を行いました(遮熱塗料含む)

赤色の片流れ屋根
施工完了後の前橋市のお客様邸の屋根
工事内容
屋根塗装
その他の工事
使用素材
クールタイト
築年数
建坪
保証
一年
工事費用
施工事例

前橋市にてコロニアル屋根の劣化による屋根塗装工事を行いました

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
落葉除けネット設置
使用素材
シリコン塗装
築年数
20年
建坪
35坪
保証
5年
工事費用
105万円
施工事例

前橋市で陸屋根部分の雨漏りの修繕工事を行いました

陸屋根施工前
傾斜が無く平らな陸屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_0218

高崎市にて「屋根上の樋の外れにより雨漏りが起きている。他にも見て欲しい所がある」とのご相談を頂き、現場調査を行ってきました。今回は瓦屋根のお家で、築40年経つとの事。屋根の雨漏り以外にも劣化や台風被害による問題が複数見受けられましたお客様曰...........

カバー工法を行う前の既存の屋根

今回は渋川市にて金属屋根材「タフワイド」を使い、カバー工法を行いました。ご相談頂いたきっかけは、「一階の縁側上の屋根が古くなり、欠片が落ちてきている」という事でした。色はご施主様のご要望でモスグリーン(深緑色)を使いました。

渋川市のお客様宅のテラス

今回は赤城町滝沢町にて台風により被害を受けたテラスの「ポリカーボネート交換」を行いました。被害を受けたテラスですが、調査当時は屋根材が割れている他、外れた屋根材が風で飛ばされ住居の裏へ飛散している状態でした。本日の作業は割れたテラス屋根材の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505